管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15763問 出題

問題

「食育基本法(平成21年改正)」に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 食育についての基本理念を明らかにし、その方向性を示している。
  b 国に食料自給率向上のための行動計画の策定を義務付けている。
  c 食育推進会議が内閣府に設置されている。
  d 都道府県に食育推進計画の策定を義務付けている。
 1 . 
cとd
 2 . 
aとc
 3 . 
bとc
 4 . 
aとd
 5 . 
aとb

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
b.国に食料自給率向上のための行動計画の策定は、義務付けてはいません。

d.都道府県に食育推進計画の策定は努力義務としています。
評価後のアイコン
2015/07/15 13:50
ID : eeckczncj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
a.食育基本法の前文の最後に、「食育について、基本理念を明らかにしてその方向性を示し、国、地方公共団体及び国民の食育の推進に関する取組を総合的かつ計画的に推進するため、この法律を制定する。」という文章があるので、正しい答えとなります。

b.国に食育推進基本計画の策定を義務付けています。

c.食育推進会議は内閣府に設置されていて、会長は内閣総理大臣です。
よって、正しい答えとなります。

d.都道府県には食育推進計画の策定をするよう努めなければならないとされているのみで、義務ではありません。

上記より、正しい答えの組合せは、2番のaとcです。
評価後のアイコン
2017/06/13 22:21
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
a. 食育基本法のに「食育について、基本理念を明らかにしてその方向性を示し、国、地方公共団体および国民の食育の推進に関する取組を総合的かつ計画的に推進するため、この法律を制定する」とあるので正となります。

b. 第7条に「食育は、我が国の伝統のある優れた食文化、地域の特性を生かした食生活、環境と調和のとれた食料の生産とその消費等に配慮し、我が国の食料の需要及び供給の状況についての国民の理解を深めるとともに、食料の生産者と消費者との交流等を図ることにより、農山漁村の活性化と我が国の食料自給率の向上に資するよう、推進されなければならない」とありますが、国に食料自給率向上のための行動計画の策定を義務付けてはいないので誤となります。

c. 食育推進会議は内閣府に設置されているので正となります。

d. 都道府県は、食育推進計画を基本として、当該都道府県の区域内における食育の推進に関する施策についての計画を作成するよう努めなければならないとあり、義務ではないので誤となります。

よって正解は、2. aとc となります。
評価後のアイコン
2016/07/08 21:17
ID : ftvfcgqaq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。