過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 給食経営管理論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

食材管理に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 食材管理とは、検収から出庫までに行う業務のことである。
  b 食材価格は、中間業者の介在が多くなるほど低くなる。
  c 氷温冷蔵の温度帯は、-2~2℃である。
  d 食材の地産地消は、環境負荷の低減に貢献する。

 1 . 
cとd
 2 . 
aとd
 3 . 
aとc
 4 . 
bとc
 5 . 
aとb
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

a.食材管理とは、入庫から出庫時までに行う業務のことです。

b.食材価格は、中間業者の介在が多くなるほど高くなります。

2015/07/15 15:42
ID : eeckczncj
0

a. 食材管理とは、給食施設の栄養管理計画に基づく献立計画により作成された購入計画から発注、研修、保管、食材の原価管理までの一連の総合的な運営管理のことを言うので誤となります。

b. 食材価格は、中間業者の介在が多くなるほど高くなるので誤となります。

c. 氷温冷蔵の温度帯は-2~2℃であるので正となります。

d. 食材の地産地消は、フードマイレージを減少させて、環境負荷の低減に貢献するので正となります。

よって正解は、1.cとd となります。

2016/07/25 21:39
ID : ftvfcgqaq
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。