管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15772問 出題

問題

食材管理に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 食材管理とは、検収から出庫までに行う業務のことである。
  b 食材価格は、中間業者の介在が多くなるほど低くなる。
  c 氷温冷蔵の温度帯は、-2~2℃である。
  d 食材の地産地消は、環境負荷の低減に貢献する。
 1 . 
cとd
 2 . 
aとd
 3 . 
aとc
 4 . 
bとc
 5 . 
aとb

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
2
評価しない
a.食材管理とは、入庫から出庫時までに行う業務のことです。

b.食材価格は、中間業者の介在が多くなるほど高くなります。
評価後のアイコン
2015/07/15 15:42
ID : eeckczncj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
a.食材管理とは、購入計画から調理までに行う業務のことです。

b.食材価格は、中間業者の介在が少なく(多く)なるほど低く(高く)なります。

c.氷温冷蔵の温度帯は、-2~2℃と文章のとおりになるので、正しい答えです。

d.食材の輸送距離が短くなるという理由から、食材の地産地消は、環境負荷の低減に貢献しているといえます。

上記より、正しい答えの組合せは、1番のcとdです。
評価後のアイコン
2017/06/22 20:40
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
a. 食材管理とは、給食施設の栄養管理計画に基づく献立計画により作成された購入計画から発注、研修、保管、食材の原価管理までの一連の総合的な運営管理のことを言うので誤となります。

b. 食材価格は、中間業者の介在が多くなるほど高くなるので誤となります。

c. 氷温冷蔵の温度帯は-2~2℃であるので正となります。

d. 食材の地産地消は、フードマイレージを減少させて、環境負荷の低減に貢献するので正となります。

よって正解は、1.cとd となります。
評価後のアイコン
2016/07/25 21:39
ID : ftvfcgqaq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。