過去問.com
過去問.com  >   管理栄養士 過去問  >   過去問題 一覧  >   管理栄養士 過去問 第25回 一覧  >   応用力問題 問題15786
問題

管理栄養士 過去問
応用力問題 問題15786

図は「年少人口」、「生産年齢人口」および「老年人口」の構成割合の推移を示したもので、図中のA~Dは各構成割合の推移の一部分である。

図中のA~Dには、第二次ベビーブームの影響が考えられる部分がある。正しいものの組合せはどれか。

  a 図のAの部分
  b 図のBの部分
  c 図のCの部分
  d 図のDの部分

 1 . 
bとc
 2 . 
aとb
 3 . 
aとc
 4 . 
aとd
 5 . 
cとd
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
3

第二次ベビーブームは1970年代前半となっているのでグラフのCに相当します。その子供たちが生産年齢人口に達するのが約20年後と考えるとグラフのBに相当します。

2015/07/15 17:34
ID : eeckczncj
付箋メモを残すことが出来ます。
1

◎第二次ベビーブーム…第二次大戦後に出生率が高かった頃を第一次ベビーブームと言い、その世代が親になった昭和46~49年(1971~1974年)頃の出生率が高い時期のことを言います。

よって第二次ベビーブーム頃のグラフのCとその世代が生産年齢人口になる15年後のグラフBが正となります。

正解は、1. bとc となります。

2016/07/30 22:45
ID : ftvfcgqaq
0

第二次ベビーブームは、いわゆる「団塊の世代」とも呼ばれている第一次ベビーブームの影響を受けて、1970年頃に起こったものです。
Aは第二次ベビーブーム世代が生まれた直後なので、生産年齢人口には影響しません。
Bは第二次ベビーブーム世代が成長していって、生産年齢人口に影響を及ぼしていると考えることができます。
Cは第二次ベビーブーム世代の数の多さから、出生数も増加していると考えることができるので、年少人口の低下が緩やかになっているのではないかと考えられます。

上記より、第二次ベビーブーム世代の影響が考えられる部分は、図のBとCなので、
正しい答えの組合せは、1番のbとcです。

2017/07/02 18:20
ID : hvhomzxu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。