管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15804問 出題

問題

飲酒に起因する問題とその検査や対策の組合せである。誤っているのはどれか。
 1 . 
急性アルコール中毒  ---  アルデヒド脱水素酵素(ALDH)遺伝子型診断
 2 . 
飲酒運転  ---  適正飲酒の勧め
 3 . 
未成年者の飲酒  ---  アルコール類の対面販売の推進
 4 . 
アルコール依存症 --- 断酒会への参加
 5 . 
妊娠中の飲酒  ---   「妊産婦のための食生活指針」の活用

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
1.○
 アルデヒド脱水素酵素(ALDH)とは、アセトアルデヒドを代謝する酵素です。
 アルコールはALDHによって、アセトアルデヒドに酸化され、更に酢酸まで分解されます。
 このALDHには複数のアイソザイム(同一反応を触媒するが、アミノ酸配列が異なる酵素)があり、2型活性(ALDH2)をもつ人は、アセトアルデヒドを直ちに代謝できるので、アルコールを摂取しても気分が悪くなりにくいです。
 ALDH遺伝子型診断をすることにより、飲酒の際の留意点が分かり、急性アルコール中毒を防ぐことができます。

2.× 飲酒運転――飲酒した場合は運転禁止
 飲酒運転は道路交通法で禁止されているので、適正飲酒は適切ではありません。
 適正飲酒については「健康日本21」の中で、“通常のアルコール代謝能を有する日本人においては「節度ある適度な飲酒」は1日平均純アルコールで約20g程度である”としています。

3.○
 未成年者飲酒禁止法は、1922(大正11)年に制定されています。
 未成年者飲酒問題に対する取組等として、対面販売の励行などに関し、必要な助言と指導を実施始めたのは平成9年3月からです。

4.○
 アルコール依存症の治療では、アルコール摂取量を段階的に減らすのではなく、動機付けをして断酒を行います。
 断酒会は、断酒するための苦労などを共感しあったり、目標を立てたりする場で、断酒継続に効果があります。

5.○
 妊娠中の飲酒については、厚生労働省「健やか親子21」推進委員会により、「妊産婦のための食生活指針」(2006年)が示され、その8項目で“たばことお酒の害から赤ちゃんを守りましょう”とされています。
評価後のアイコン
2017/09/22 07:36
ID : hgqfmyyrk
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
飲酒運転は法律(道路交通法)でも禁止されています。
よって、運転する時は適正飲酒ではなく、飲酒厳禁を勧めます。

上記より、誤った答えは2番です。
評価後のアイコン
2016/08/29 18:17
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
誤りを選択する問題です。

2.運転する場合は飲酒してはいけません。
評価後のアイコン
2015/07/06 11:58
ID : eeckczncj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。