管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15813問 出題

問題

2007年以降の我が国の産業保健についての記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 業務上疾病で最も発生数が多いのは、災害性腰痛である。
  b 労働災害による年間死亡者数は、 1,000人未満である。
  c 定期健康診断で有所見率が最も高いのは、血圧である。
  d 常時50人以上の労働者を使用する事業場では、産業医選任の義務がある。
 1 . 
aとd
 2 . 
cとd
 3 . 
aとc
 4 . 
bとc
 5 . 
aとb

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
b.労働災害による年間死亡者数は、1000人以上です。

c.定期健康診断で有所見率が最も高いのは、血中脂質です
評価後のアイコン
2015/07/06 16:57
ID : eeckczncj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
a.業務上疾病について、2013年時点の調査で約7割が災害性腰痛という結果が出ています。

b.労働災害による平均死亡者数は、2013年時点の調査では1030人という結果が出ています。

c.定期健康診断で有所見率が最も高いのは、血中脂質で約3割です。血圧は、約15%です。

d.常時50人以上の労働者を使用する事業場では、産業医のほか、衛生管理者を選任する義務があります。

上記より、正しい組合せは1番のaとdです。
評価後のアイコン
2016/09/01 18:25
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
a.○
 平成27年の業務上疾病発生状況等調査によると、最も多いのは腰痛で、発生件数全体の約6割を占めています。
 全体の疾病発生件数は7368件で、腰痛が4521件(61%)、次いで熱中症が464件(6%)でした。

b.× 労働災害による年間死亡者数は、1000人以上です(※第24回国家試験当時の統計です)。
 平成27年の労働災害発生状況等調査によると、労働災害による年間死亡者数は、972人で1000人以下になっています。
 平成21年は1075人、平成22年は1195人、平成23年は1024人、平成24年は1093人、平成25年は1030人、平成26年は1057人で、平成26年までは1000人以上でした。

c.× 定期健康診断で有所見率が最も高いのは血中脂質です。
 血中脂質は平成25年が32.62%、平成26年は32.69%、平成27年は32.59%です。
 血圧は平成25年が14.67%、平成26年は15.06%、平成27年は15.17%です。

d.○
 産業医とは、法定の健康管理の他、職場巡視、健康障害防止の必要な措置を講じる医師です。

よって、(1)のaとdが正解です。
評価後のアイコン
2017/09/24 09:06
ID : hgqfmyyrk
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。