管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15815問 出題

問題

ミトコンドリアに関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 自己複製することができる。
  b 成熟赤血球は、ミトコンドリアをもつ。
  c 外膜は、クリステを形成している。
  d ミトコンドリアDNAは、母親由来である。
 1 . 
aとb
 2 . 
aとd
 3 . 
aとc
 4 . 
cとd
 5 . 
bとc

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
b.成熟赤血球は、ミトコンドリアを持ちません。

c.「内膜」は、クリステを形成しています。
評価後のアイコン
2015/07/06 17:10
ID : eeckczncj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
a.○ ミトコンドリアは核とは別に独自のDNAをもっており、DNAポリメラーゼによって自己複製することができます。

b.× 成熟赤血球は、ミトコンドリアをもちません。
 成熟赤血球は、ミトコンドリアをもたず、嫌気的にATPを産生します。核も細胞小器官ももちません。
 白血球、血小板にはミトコンドリアが存在します。

c.× 内膜は、クリステを形成しています。
 内膜にクリステというひだを形成しており、クリステに電子伝達系や酸化的リン酸化に関与する諸因子が存在します。

d.○ 核DNAは父親(精子)と母親(卵子)の両者に由来するのに対し、ミトコンドリアDNAは母親(卵子)由来です。

よって、(2)のaとdが正解です。
評価後のアイコン
2017/09/24 09:52
ID : hgqfmyyrk
評価する
0
評価しない
ミトコンドリアは細胞小器官の1つで、ATPを合成する役割をもつほか、脂肪酸のβ酸化にも関わっています。
また、ミトコンドリアは細胞の核とは別に、母親由来のミトコンドリアDNAという独自のDNAをもっているので、自己複製をすることができます。
さらに、わずかではありますが、独自にたんぱく質の合成も行っています。

上記より、正しい組合せは2番のaとdです。


bとcの間違いは下記のとおりです。
b.成熟赤血球は、ミトコンドリアをもちません。

c.クリステを形成しているのは、外膜ではなく、内膜です。
評価後のアイコン
2016/09/01 18:34
ID : hvhomzxu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。