過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ミトコンドリアに関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 自己複製することができる。
  b 成熟赤血球は、ミトコンドリアをもつ。
  c 外膜は、クリステを形成している。
  d ミトコンドリアDNAは、母親由来である。

 1 . 
aとb
 2 . 
aとd
 3 . 
aとc
 4 . 
cとd
 5 . 
bとc
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

ミトコンドリアは細胞小器官の1つで、ATPを合成する役割をもつほか、脂肪酸のβ酸化にも関わっています。
また、ミトコンドリアは細胞の核とは別に、母親由来のミトコンドリアDNAという独自のDNAをもっているので、自己複製をすることができます。
さらに、わずかではありますが、独自にたんぱく質の合成も行っています。

上記より、正しい組合せは2番のaとdです。


bとcの間違いは下記のとおりです。
b.成熟赤血球は、ミトコンドリアをもちません。

c.クリステを形成しているのは、外膜ではなく、内膜です。

2016/09/01 18:34
ID : hvhomzxu
0

b.成熟赤血球は、ミトコンドリアを持ちません。

c.「内膜」は、クリステを形成しています。

2015/07/06 17:10
ID : eeckczncj
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。