過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

代謝とその調節に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
ホスホジエステラーゼは、ATPを基質としてcAMP (環状AMP)を合成する。
 2 . 
脱共役たんぱく質(UCP)は、電子伝達とATP合成を脱共役させる。
 3 . 
アクアポリン(水チャンネル)は、ATPを加水分解する酵素である。
 4 . 
クエン酸回路には、基質と酵素分子との反応過程がある。
 5 . 
アンギオテンシン変換酵素は、アンギオテンシン Ⅰ をアンギオテンシノーゲンに変換する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

1.ホスホジエステラーゼは、cAMPを分解します。

3.アクアポリンは水を通す細胞膜たんぱく質です。

4.クエン酸回路には、そのような反応過程は存在していません。

5.アンギオテンシン変換酵素は、アンギオテンシンⅠをアンギオテンシンⅡに変換します。

2015/07/06 20:31
ID : eeckczncj
0

1.アデニル酸シクラーゼは、ATPを基質としてcAMP(環状AMP)を合成します。

2.電子伝達系で水素イオンがミトコンドリア内膜を通過する際、脱共役たんぱく質を介する経路があります。この脱共役たんぱく質は、電子伝達系で生じたエネルギーをATPの合成に使用せずに、熱として放出します。これにより、酸化的リン酸化は脱共役たんぱく質に阻害され、結果として、ATPの合成も阻害します。
よって、正しい答えとなります。

3.アクアポリン(水チャンネル)は、水を選択的に透過させる輸送たんぱく質です。

4.電子伝達系(酸化的リン酸化)には、基質と酸素分子との反応過程があります。

5.アンギオテンシン変換酵素は、アンギオテンシンⅠをアンギオテンシンⅡに変換します。

2016/09/02 18:22
ID : hvhomzxu
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。