管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15823問 出題

問題

糖質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。
 1 . 
ぺントースリン酸回路は、ミトコンドリアに存在する。
 2 . 
アセチルCoAは、リンゴ酸と反応してクエン酸回路に入る。
 3 . 
インスリンは、骨格筋でグルコース輸送体(GLUT4)に作用する。
 4 . 
骨格筋では、グリコーゲンがグルコースに変換される。
 5 . 
アセチルCoAは、糖新生の基質となる。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
2
評価しない
1.ペントースリン酸回路は、細胞質に存在します。

2.アセチルCoAは、オキサロ酢酸と反応してクエン酸回路に入ります。

3.グルコース輸送体(GLUT4)はグルコースを促進拡散させ、インスリンなどのホルモンや増殖因子で活性の調節を受けます。つまり、インスリンはGLUT4を細胞膜に転送することで活性化を行うということです。
よって、正しい答えとなります。

4.肝臓では、グリコーゲンがグルコースに変換されます。

5.アセチルCoAは、糖新生の基質とはなりません。
評価後のアイコン
2016/09/02 18:27
ID : hvhomzxu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.× ペントースリン酸回路は、細胞質ゾルに存在します。
 ペントースリン酸回路は、ATP産生には関与しませんが、グルコース6-リン酸(ヘキソースリン酸)から脱水素、脱炭酸を経て、五炭糖リン酸(ペントースリン酸)を生成します。
 脱水素反応により生成したNADPH2(還元型NADP)は、ステロイド合成や脂肪酸合成などに水素を供給します。

2.× アセチルCoAは、オキサロ酢酸と反応してクエン酸回路に入ります。
 アセチルCoAは、オキサロ酢酸と縮合してクエン酸を生じ、クエン酸回路で脱水素、脱炭酸、加水、脱水などの反応を経て、オキサロ酢酸に戻り、回路を一巡します。
 リンゴ酸は、クエン酸回路でリンゴ酸デヒドロゲナーゼの作用によりオキサロ酢酸になります。

3.○
 インスリンによる速やかなグルコースの取り込み亢進に関与するのは、骨格筋や脂肪組織に限局しているGLUT4です。
 インスリン感受性グルコース輸送体であるGLUT4は、インスリンがインスリン受容体に結合すると、GLUT4が存在する細胞内小胞から細胞膜上に移動し、グルコースの取り込みを促進させ、血糖値を低下させます。

4.× 肝臓では、グリコーゲンがグルコースに変換されます。
 グリコーゲンは肝臓や筋肉に貯蔵されますが、肝臓のグリコーゲンは血中グルコース濃度が低下すると、加リン酸分解によりグルコース6-リン酸となり、更にグルコース6-ホスファターゼによって加水分解されてグルコースとなって血糖として利用されます。
 骨格筋にはグルコース6-ホスファターゼが存在しないため、筋グリコーゲンはグルコースに分解されず、筋収縮のエネルギー源としてのみ利用されます。

5.× アセチルCoAは、糖新生の基質となりません。
 糖新生とは乳酸、グリセロール、アミノ酸(糖原性アミノ酸)などの糖質以外の物質からグルコースを生成する(脂肪酸からはグルコースは合成されない)代謝経路で、アセチルCoAは基質となりません。
 アセチルCoAからは脂肪酸、ケトン体、コレステロールなどが合成されます。
評価後のアイコン
2017/09/28 09:37
ID : hgqfmyyrk
評価する
0
評価しない
1.ペントースリン酸回路は細胞質に存在します。

2.アセチルCoAは、オキサロ酢酸と反応してクエン酸回路に入ります。

4.筋肉にはグルコース-6-ホスファターゼが存在しないのでグルコースは生成されません。

5.アセチルCoAは、糖新生の基質となりません。
評価後のアイコン
2015/07/06 20:40
ID : eeckczncj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。