管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15842問 出題

問題

生殖器に関する記述である。正しいのはどれか。
 1 . 
黄体からは、プロゲステロンが分泌される。
 2 . 
ミトコンドリアは、精子には存在しない。
 3 . 
黄体形成ホルモン(LH)サージは、月経を誘発する。
 4 . 
黄体は、白体の瘢痕化によりつくられる。
 5 . 
精子細胞は、二倍体としての染色体を有す。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
1.黄体からプロゲステロンが、卵胞からエストロゲンが分泌されます。
よって、正しい答えとなります。

2.精子にも、ミトコンドリアは存在します。

3.黄体形成ホルモン(LH)サージは、排卵を誘発します。月経は、黄体ホルモンの分泌低下により、誘発されます。

4.白体は、黄体が退縮することにより、作られます。

5.精子細胞は、一倍体としての染色体を有します。
評価後のアイコン
2016/09/04 14:35
ID : hvhomzxu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
2.ミトコンドリアは、精子の尾部に存在しています。

3.黄体形成ホルモンは、排卵を誘発します。

4.白体は黄体の退縮により作られます。

5.精子細胞は、一倍体としての染色体を有します。
評価後のアイコン
2015/07/07 20:25
ID : eeckczncj
評価する
0
評価しない
1.○
 黄体は、エストロゲンとプロゲステロンを分泌します。

2.× ミトコンドリアは、精子に存在します。
 精子は、頭部・中間部・尾部の3つの構造から成ります。
 遺伝子情報のDNAを含む核は、丸く膨らんだ頭部にあります。
 ミトコンドリアは中間部にあり、尾部の動力源となります。

3.× 黄体形成ホルモン(LH)サージは、排卵を誘発します。
 黄体形成ホルモンは排卵を誘発し、排卵後の卵胞の黄体形成を促します。
 男性では精巣に作用して、テストステロンの分泌を促進します。
 月経は、黄体ホルモンの分泌低下によって誘発されます。

4.× 白体は、黄体の瘢痕化によりつくられます。
 排卵した卵胞は黄体に変わりますが、そのまま受精しない場合は14日前後で退縮を始め、白体となります。

5.× 精子細胞は、一倍体としての染色体を有します。
 精子は、有糸分裂および減数分裂によって一倍体細胞となります。
評価後のアイコン
2017/10/02 14:27
ID : hgqfmyyrk
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。