管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15844問 出題

問題

大球性正色素性貧血をきたす疾患である。正しいのはどれか。
 1 . 
腎性貧血
 2 . 
鉄欠乏性貧血
 3 . 
悪性貧血
 4 . 
先天性球状赤血球症
 5 . 
再生不良性貧血

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
2
評価しない
1.腎性貧血は、正球性正色素性貧血です。

2.鉄欠乏性貧血は、小球性低色素性貧血です。

4.先天性球状赤血球症は、正球性正色素性貧血です。

5.再生不良性貧血は、正球性正色素性貧血です。
評価後のアイコン
2015/07/07 20:40
ID : eeckczncj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
大球性正色素性貧血を示すものには、巨赤芽球性貧血(悪性貧血)、葉酸欠乏性貧血があります。

よって、
1.腎性貧血
4.先天性球状赤血球症
5.再生不良性貧血
は、正球性正色素性貧血です。

2.鉄欠乏性貧血
は、小球性正色素性貧血です。

3.悪性貧血が正しい答えとなります。
評価後のアイコン
2016/09/04 16:56
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
 大球性正色素性貧血とは、赤血球の大きさが基準と比べて大きく(大球性)、ヘモグロビン濃度が正常(正色素性)の貧血をいいます。
 大球性正色素性貧血を示すものは、ビタミンB12欠乏性貧血(悪性貧血など)と葉酸欠乏性貧血です。

1.× 腎性貧血は正球性正色素性貧血です。
 腎性貧血は、エリスロポエチンの分泌が低下して起こります。

2.× 鉄欠乏性貧血は小球性低色素性貧血です。
 鉄欠乏性貧血は、鉄欠乏により、ヘモグロビン合成が傷害されて起こります。

3.○
 悪性貧血は、自己免疫が関与する胃粘膜萎縮により、内因子が欠乏し、ビタミンB12の吸収ができなくなって起こります。

4.× 先天性球状赤血球症は正球性正色素性貧血です。
 先天性球状赤血球症とは、通常円盤状の赤血球が先天的に球状になり、浸透圧が低下するため溶血を起こし、黄疸・貧血・脾腫などが起こる遺伝性(先天性)溶血性貧血です。

5.× 再生不良性貧血は正球性正色素性貧血です。
 再生不良性貧血は、骨髄の赤血球系、顆粒球系、血小板系の造血機能が低下した貧血です。
評価後のアイコン
2017/10/02 14:58
ID : hgqfmyyrk
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。