過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 食べ物と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

食べ物の嗜好性についての記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 嗜好は、個人の一生を通して普遍的なものである。
  b だし汁に少量の食塩を加えると、うま味がひきたつ現象を相乗効果という。
  c 嗜好型官能評価のパネルは、一般消費者が適当である。
  d 砂糖の濃度が同じとき、ゲルでは水溶液に比べて甘味が弱い。

 1 . 
aとb
 2 . 
cとd
 3 . 
bとc
 4 . 
aとc
 5 . 
aとd
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

a.嗜好は、個人の一生を通して必ずしも普遍的なものではない。年齢などによっても変化することがあります。
b.だし汁に少量の食塩を加え、うま味が引き立つ現象を対比効果といいます。
c.正しいです。
e.正しいです。

2016/10/20 21:36
ID : nzrkzrzcqm
0

a.嗜好は個人の一生を通し変化していきます。

b.だし汁に少量の食塩を加えるとうま味がひきたつ現象を「対比効果」といいます。

c.正解です。

d.正解です。

2015/06/30 14:36
ID : eeckczncj
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。