管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15878問 出題

問題

食事として摂取すべきビタミンの量に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a ナイアシンの量は、たんぱく質の摂取量が少ない場合、増加させる。
  b ビタミンB6の量は、たんぱく質の摂取量が多い場合、減少させる。
  c ビタミンB1の量は、アルコールを大量に摂取する場合、増加させる。
  d ビタミンKの量は、多価不飽和脂肪酸が多い場合、増加させる。
 1 . 
aとc
 2 . 
bとc
 3 . 
cとd
 4 . 
aとd
 5 . 
aとb

この管理栄養士 過去問の解説(4件)

評価する
3
評価しない
a.正解。

b.アミノ酸の補酵素として働くビタミンB6の量は、タンパク質の摂取量が多いと増加します。

c.正解。

d.ビタミンKには出血を止める役割があるため、増加させる必要があるのは出血傾向がある場合です。
評価後のアイコン
2016/12/05 16:55
ID : eesrqqyst
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
a ナイアシンは、アミノ酸のひとつであるトリプトファンから合成されます。たんぱく質の摂取量が少ない場合、増加させる必要があるので、正解です。
  
b ビタミンB6は、アミノ酸の代謝に関わるため、たんぱく質の摂取量が多い場合、増加させる必要があります。
  
c ビタミンB1は、糖質代謝の補酵素です。アルコールを大量に摂取する場合、増加させる必要があるので、正解です。

d ビタミンKの量は、血液凝固因子を合成する補酵素として働きます。血液が固まるのが遅い場合、増加させる必要があります。
評価後のアイコン
2017/10/08 17:00
ID : ptbkgpwsmc
評価する
1
評価しない
a.正しいです。
b.ビタミンB6の量は、タンパク質の摂取量が多いと増加します。たんぱく質を分解してアミノ酸にする酵素と、アミノ酸を別のアミノ酸に組み替える酵素の補酵素としてその働きを助けるためです。
c.正しいです。
d.ビタミンKの量は、多価不飽和脂肪酸が多い場合、減少させます。
評価後のアイコン
2016/10/23 22:50
ID : nzrkzrzcqm
評価する
0
評価しない
b.ビタミンB₆の量は、たんぱく質の摂取量が多い場合、増加させます。

d.ビタミンKは、出血傾向の場合増加させます。
評価後のアイコン
2015/07/01 14:46
ID : eeckczncj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。