管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15879問 出題

問題

鉄の吸収と代謝に関する記述である。正しいのはどれか。
 1 . 
体内の貯蔵鉄量は、機能鉄量より多い。
 2 . 
海藻に含まれる鉄の吸収率は、肉類に含まれる鉄の吸収率より高い。
 3 . 
非ヘム鉄の吸収率は、鉄欠乏によって低下する。
 4 . 
体内の機能鉄量の半分は、ミオグロビン鉄として存在する。
 5 . 
分解された赤血球の鉄は、ヘモグロビンの合成に再利用される。

この管理栄養士 過去問の解説(4件)

評価する
3
評価しない
1.体内の貯蔵鉄量は、機能鉄量より少ないです。

2.海藻に含まれる鉄の吸収率は、肉類に含まれる鉄の吸収率より低いです。

3.非ヘム鉄の吸収率は、鉄欠乏によって上昇します。

4.体内の機能徹量の大部分は、ミオグロビン鉄として存在しています。
評価後のアイコン
2015/07/01 14:56
ID : eeckczncj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1.機能鉄は体内の鉄の約70%を占めます。

2.肉類に含まれる鉄はヘム鉄で、非ヘム鉄の2~3倍の吸収率を示します。

3.非ヘム鉄の吸収率は、鉄欠乏によって上昇します。

4.機能鉄は体内の鉄の約70%を占め、その大部分がヘモグロビンとして赤血球中に存在し、残りの機能鉄は鉄含有酵素やミオグロビンに存在します。

5.正しいです。
評価後のアイコン
2016/10/24 23:17
ID : nzrkzrzcqm
評価する
1
評価しない
1.貯蔵鉄より機能鉄の方が体内に存在している量が多いです。

2.肉類に含まれる鉄はヘム鉄で、野菜類の非ヘム鉄の2~3倍の吸収率があります。

3.野菜類などの非ヘム鉄の吸収率は、鉄欠乏によって上昇し、鉄欠乏を補います。

4.機能鉄はミオグロビンとして存在します。

5.正解。
評価後のアイコン
2016/12/05 17:05
ID : eesrqqyst
評価する
0
評価しない
1 . 体内の鉄の約70%が機能鉄で、約30%が貯蔵鉄なので、貯蔵鉄量は機能鉄量より少ないです。

2 . 海藻、卵、豆類、緑黄色野菜などに含まれる非ヘム鉄の吸収率は、赤身の魚肉や畜肉類に含まれるヘム鉄の吸収率より低いです。

3 . 非ヘム鉄の吸収率は、鉄欠乏によって増加します。

4 . 体内の機能鉄量の約65%はヘモグロビン鉄、3~5%はミオグロビン鉄として存在し、残りは鉄含有酵素と結合しています。

5 . 分解された赤血球の鉄は、ヘモグロビンの合成に再利用されます。
評価後のアイコン
2017/10/08 17:13
ID : ptbkgpwsmc
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。