管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15883問 出題

問題

遺伝子発現と栄養に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 遺伝子の多型の中には、後天的に生じた変異も含まれる。
  b 倹約遺伝子とは、基礎代謝の上昇を起こすように変異した仮説的遺伝子である。
  c 遺伝子一塩基多型の中には、表現型に影響を与えないものがある。
  d 遺伝子多型の出現頻度は、人種によって異なる。
 1 . 
aとb
 2 . 
cとd
 3 . 
aとd
 4 . 
aとc
 5 . 
bとc

この管理栄養士 過去問の解説(4件)

評価する
3
評価しない
a.遺伝子の多型は、先天的なものです。

b.倹約遺伝子とは、エネルギー代謝を倹約する遺伝子のことを言います。

c.正解。

d.遺伝子多型の出現頻度は、人種によって異なるため、正解です。
評価後のアイコン
2016/12/05 17:57
ID : eesrqqyst
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
a.遺伝子の多型は先天的な遺伝子異常です。

b.倹約遺伝子とは無駄なエネルギーを使わないようにする遺伝子をいいます。
評価後のアイコン
2015/07/01 16:19
ID : eeckczncj
評価する
1
評価しない
a.遺伝子の多型には、後天的に生じた変異は含まれません。
b.倹約遺伝子とは、エネルギー代謝に関連する遺伝子です。
c.遺伝子一塩基多型の中には、表現型に影響を与えないものがあります。
d.遺伝子多型の出現頻度は、人種によって異なります。
評価後のアイコン
2016/10/31 22:41
ID : nzrkzrzcqm
評価する
0
評価しない
a 遺伝子の多型は、先天的に生じた変異です。

b 倹約遺伝子は、エネルギー代謝に関係するため、太りやすい、痩せやすいなどを左右する遺伝子です。
  
c 遺伝子一塩基多型の中には、アミノ酸変化を起こさないために、表現型に影響を与えないものがあります。正解です。
  
d 遺伝子多型の出現頻度は、人種によって異なるため、正解です。
評価後のアイコン
2017/10/08 18:01
ID : ptbkgpwsmc
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。