過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

栄養状態の評価指標を示す臨床検査についての記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
尿中3-メチルヒスチジン量は、筋肉たんぱく質異化量を反映する。
 2 . 
末梢血好中球数は、筋たんぱく質量を反映する。
 3 . 
血清トランスフェリン濃度は、体脂肪量を反映する。
 4 . 
血清レチノール結合たんぱく質濃度は、免疫能を反映する。
 5 . 
血清アルブミン濃度は、一週間以内のたんぱく質合成能を反映する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

1.尿中3-メチルヒスチジンは、筋たんぱく代謝回転のパラメーターで筋肉たんぱく質異化量を反映するので正。

2.末梢血好中球数は、細菌感染症で変動し、筋たんぱく質量は反映しないので誤。

3.血清中のトランスフェリンやレチノール結合たんぱくやプレアルブミンは生物学的半減期が短く、それぞれ8~10日、12~16時間、2~4日であり、たんぱく質栄養状態を速やかに反映する。およって体脂肪量は反映しないので誤。

4.3.に記載した通りたんぱく質の栄養状態を反映するので誤。

5.血清アルブミンの半減期は2~3週間程度なので誤。

よって正解は1.となる。

2016/03/17 22:56
ID : ftvfcgqaq
0

正解は 1 です。

臨床栄養学/傷病者・要介護者の栄養ケア・マネジメントからの出題です。

1.正しい記載です。骨格筋たんぱく質の分解率がわかります。

2.末梢血好中球数は細菌感染などで利用されます。

3.たんぱく質の栄養状態を判定する指標で、貧血に利用されます。

4.たんぱく質の栄養状態を判定する指標で、代謝亢進や肝疾患による合成障害、漏出などを調べます。

5.血清アルブミン濃度は短期のたんぱく質栄養状態判定の指標として有効なものです。

2016/11/19 20:10
ID : oovsedpp
-1

1.3-メチルヒスチジンは筋肉代謝の最終代謝産物です。
ですので、尿中3-メチルヒスチジン量は筋たんぱく質異化量を反映すると言えます。

2.末梢血好中球数は感染症や炎症により上昇し、筋たんぱく質量は反映しません。

3.血清トランスフェリン濃度は、たんぱく質合成能を反映する栄養指標です。半減期は1週間程度です。

4.血清レチノール結合たんぱく質濃度は、たんぱく質合成能を反映する栄養指標です。半減期が0.5日程度と短いのが特徴です。

5.血清アルブミン濃度も、たんぱく質合成能を反映する栄養指標ですが、半減期は3週間程度と少し長いのが特徴です。

2015/08/31 20:38
ID : ydyrzajgk
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。