過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

傷病者のエネルギー必要量に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 安静時エネルギー消費量は、間接熱量測定計で測定できる。
  b ベット上、安静時の身体活動レベルは1.5である。
  c ハリス-ベネディクト(Harris-Benedict)の式で身体活動レベルが推定できる。
  d 広範囲の熱傷では、エネルギー代謝量が増加する。

 1 . 
cとd
 2 . 
bとc
 3 . 
aとd
 4 . 
aとc
 5 . 
aとb
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
3

a.間接熱量測定は、呼気を分析することにより消費エネルギー量を測定できます。
ですので、安静時エネルギー消費量を測定することは可能です。

b.ベット上、安静時の身体活動レベルは1.1~1.2です。

c.ハリスベネディクトの式では患者の性別、身長、体重、年齢から、基礎代謝量を算出できます。

d.広範囲の熱傷では組織の修復のため、必要エネルギー量が増加します。

2015/08/31 21:18
ID : ydyrzajgk
1

正解は 3 です。

臨床栄養学/傷病者・要介護者の栄養ケア・マネジメントからの出題です。

a:正しい記載です。間接熱量測定は安静時のみならず、運動時や作業時のエネルギー測定も可能です。

b:ベッド上安静の係数は1.2です。

c:ハリス-ベネディクトの式からは基礎代謝量を推定できます。

d:正しい記載です。熱傷の修復のためエネルギー代謝量が増加します。

よってaとdが正しい記載ですので、正解は 3 とわかります。

2016/11/19 20:11
ID : oovsedpp
0

a.間接熱量測定法は呼気中の酸素及び二酸化炭素濃度を測定しエネルギー消費量を計測する方法で安静時のエネルギー消費量も測定できるので正。

b.ベット上、安静時の身体活動レベルは1.1~1.2なので誤。

c.ハリス-ベネディクト(Harris-Benedict)の四季は基礎エネルギー消費量(BEE)を算出するために用いられる式なので誤。

d.さまざまな疾病・手術侵襲・外傷などの場合はエネルギー代謝の亢進がみられる。熱傷では1.2~2.0のストレス係数を用いるので正。

よって正解は3.aとd となる。

2016/03/23 23:28
ID : ftvfcgqaq
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。