過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

栄養障害についての記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a ビタミンB12の吸収障害は、肝臓の内因子欠如によって起こる。
  b カルシウム欠乏では、ウィルソン病を生じる。
  c ビタミンB1欠乏では、ウェルニッケ脳症を生じる。
  d 低アルブミン血症では、血中カルシウム濃度は低下する。

 1 . 
aとb
 2 . 
aとc
 3 . 
bとc
 4 . 
cとd
 5 . 
aとd
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
0

正解は 4 です。

臨床栄養学/疾患・病態別栄養ケア・マネジメントからの出題です。

a:内因子は胃腺の壁細胞から分泌されます。

b:ウィルソン病は胆汁中への銅の排泄障害によって起こります。

c:正しい記載です。

d:正しい記載です。低アルブミン血症では、血中カルシウム濃度は低下しますが、カルシウムイオンは恒常性によって低下しません。

よって正しい記載はcとdですので、正解は 4 とわかります。

2016/11/19 20:16
ID : oovsedpp
付箋メモを残すことが出来ます。
0

a.食事中のビタミンB12は、胃粘膜から分泌される内因子と結合した後、小腸の受容体を介して吸収される。肝臓の内因子欠如ではないので誤。

b.カルシウム欠乏では、くる病や低カルシウム血症、骨粗鬆症を生じる。ウィルソン病は常染色体劣性遺伝で遺伝する胆汁中への銅排泄障害による先天性銅過剰症であるので誤。

c.ビタミンB1欠乏では、ウェルニッケ脳症を生じるので正。他に、脚気、多発性神経炎、食欲減退などがある。

d.カルシウムはアルブミンと結合しており、低アルブミン血症では、血中カルシウム濃度は低下するので正。

よって正解は4.cとdとなる。

2016/03/25 22:39
ID : ftvfcgqaq
0

a.ビタミンB12の吸収障害は胃粘膜の壁細胞の内因子欠如によって起こります。

b.ウィルソン病は銅の代謝異常であり、身体に銅が蓄積されることによって起こります。

c.ウェルニッケ脳症はビタミンB1の欠乏により、眼球運動障害、運動失調、意識障害があらわれます。

d.血液中のカルシウムの一部はアルブミンと結合しているため、低アルブミン血症では血中カルシウム濃度も低下します。

2015/09/02 06:20
ID : ydyrzajgk
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の記事
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。