管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15928問 出題

問題

糖尿病についての記述である。正しいのはどれか。
 1 . 
α-グルコシダーゼ阻害薬は、食後高血糖を改善する。
 2 . 
1型糖尿病は、2型糖尿病より遺伝性が高い。
 3 . 
血糖の上昇で血中1,5-アンヒドログルシトール(1,5-AG)濃度は、増加する。
 4 . 
1型糖尿病の発症には、インスリン抵抗性が関与する。
 5 . 
2型糖尿病の発症には、自己免疫的因子が関与する。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
正解は 1 です。

臨床栄養学/疾患・病態別栄養ケア・マネジメントからの出題です。

1.正しい記載です。α-グルコシダーゼ阻害薬によって小腸粘膜上皮にある二糖類分解酵素の活性が阻害されます。

2.遺伝性が高いのは2型糖尿病の方だといわれています。

3. 1,5-アンヒドログルシトールは尿中に排泄されますが、構造がグルコースと似ているので尿糖がある場合には再吸収されにくくなり、血中濃度も低下します。

4.1型糖尿病では、高血糖であるがために二次的にインスリン抵抗性が引き起こされると考えられます。

5.自己免疫因子が関与しているのは、1型糖尿病です。
評価後のアイコン
2016/11/19 20:17
ID : oovsedpp
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.α-グルコシダーゼ阻害薬は、でんぷんやショ糖を分解する酵素の作用を抑制し、炭水化物の消化吸収を遅延させ食後高血糖を改善するので正。1型にも使用できる。

2.2型糖尿病のほうが遺伝性が高いので誤。

3.血糖が高くなれば、血液中の1.5AGは低くなり、血糖が下がれば1.5AGは血中で増加するので誤。

4.1型糖尿病はインスリンを分泌する膵β細胞が崩壊した結果でその原因は解明されていないが多くの例で自己免疫機序が関連していると考えられているので誤。

5.上記(4.)のように1型糖尿病の発症には、自己免疫的因子が関与するので誤。

よって、正解は1.となる。
評価後のアイコン
2016/03/25 23:10
ID : ftvfcgqaq
評価する
1
評価しない
2.遺伝性は1型糖尿病より2型糖尿病の方が高いです。

3.血糖の上昇により、1,5-アンヒドログルシトールの尿細管での再吸収が抑制されるため、血中濃度は低下する。

4.1型糖尿病の発症には自己免疫的因子が関与しています。自己免疫によってランゲルハンス島を破壊してしまうため、インスリンが不足します。

5.2型糖尿病の発症にはインスリン抵抗性とインスリン分泌不全が関わっています。
評価後のアイコン
2015/08/31 22:19
ID : ydyrzajgk
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。