過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

脂質異常症における食事療法の基本(動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版)に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
第2段階で、高コレステロール血症が持続する場合には、コレステロール摂取量を300mg/日以下とする。
 2 . 
第1段階では、果物の摂取量を200kcal/日以上とする。
 3 . 
第2段階で、高カイロミクロン(キロミクロン)血症の場合、脂肪エネルギー比率を15%以下とする。
 4 . 
第1段階では、炭水化物エネルギー比率を50%以下とする。
 5 . 
第1段階では、コレステロール摂取量を500mg/日以下とする。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 3 です。

臨床栄養学/疾患・病態別栄養ケア・マネジメントからの出題です。

1.コレステロールは第2段階で200㎎/日以下とします。

2.果物については、単糖類含量の多いもので1日80~100kcal以内が望ましいとされています。

3.正しい記載です。

4.炭水化物エネルギー比率は第1段階で60%とします。

5.コレステロールは第1段階で300㎎/日以下とします。

2016/11/19 20:18
ID : oovsedpp
0

1.第1段階ではコレステロール摂取量300mg/日以下、第2段階で、高コレステロール血症が持続する場合には、コレステロール摂取量を200mg/日以下とするので誤。

2.第1段階では、ビタミンやポリフェノールの含量が多い野菜、果物などの食品を多くとるようにとなっているが、果物は単糖類の含量も多いので摂取量を80~100kcal/日以内とすることが望ましいとされるので誤。

3.第2段階で、高カイロミクロン(キロミクロン)血症の場合、脂肪エネルギー比率を15%以下とするので正。

4.第1段階では、炭水化物エネルギー比率を60%とするので誤。

5.第1段階では、コレステロール摂取量を300mg/日以下とするので誤。

よって正解は3.となる。

2016/03/25 23:30
ID : ftvfcgqaq
0

脂質異常症の食事療法は二段階に分かれています。
一段階目で改善されなければ、二段階目へと進みます。

1.第二段階で高コレステロール血症が持続する場合は、コレステロール摂取量を200mg/日以下とします。

2.第一段階では果物の摂取を80~100kcal/日とします。

4.第一段階では炭水化物エネルギー比率を60%以下とします。

5.第一段階ではコレステロール摂取量を300mg/日以下とします。

2015/08/31 21:37
ID : ydyrzajgk
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。