管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15938問 出題

問題

アルコール依存症の栄養管理に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 低栄養の予防と改善
  b ビタミンB1の補給
  c アルコールの制限
  d 水分制限
 1 . 
aとc
 2 . 
cとd
 3 . 
aとb
 4 . 
bとc
 5 . 
aとd

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
a.アルコール依存症患者の多くは、食事をきちんと摂らずにアルコールを摂取しています。そのため、低栄養の予防と改善が必要です。

b.ビタミンB1不足によりウェルニッケ脳症を起こすため、ビタミンB1の補給は必要となります。

c.アルコール依存症ではアルコールの制限ではなく、原則、断酒を行います。

d.アルコールにより、脱水となりやすいため、水分は制限ではなく、補給が必要です。
評価後のアイコン
2015/08/31 21:47
ID : ydyrzajgk
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 3 です。

臨床栄養学/疾患・病態別栄養ケア・マネジメントからの出題です。

a:正しい記載です。アルコール以外からエネルギーを摂取できるようにしていきます。

b:正しい記載です。ビタミンB1欠乏によってウェルニッケ脳症を起こさないようにします。

c:制限ではなく、禁酒とします。

d:水分はきちんと補給します。

よって正しい記載はaとbとなり、正解は 3 とわかります。
評価後のアイコン
2016/11/19 20:23
ID : oovsedpp
評価する
1
評価しない
a.アルコール依存症の場合、食事をあまり摂らずにアルコールだけを飲酒しているということが多いので、栄養が不足していることが多い。よって低栄養の予防と改善を行うので正。

b.アルコール代謝の際、ビタミンB群とくにビタミンB1を消費することより、不足している場合が多いので補給する。よって正。

c.アルコールの制限ではなく、厳格な禁酒を行うので誤。

d.アルコールを尿で排泄をするため、脱水症状が起こりやすいので、水分制限ではなく補給が必要。よって誤。

よって正解は3.aとbとなる。
評価後のアイコン
2016/03/29 21:29
ID : ftvfcgqaq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。