過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 公衆栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

疫学研究における食事摂取量の測定方法に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a 膵臓がんの症例対照研究に、24時間思い出し法を用いた。
  b 地域住民対象の前向きコホート研究に、半定量食物摂取頻度調査法を用いた。
  c 若年女性を対象に野菜摂取を勧奨する介入研究で、秤量食事記録法を用いた。
  d 成人の食塩摂取量を把握する横断研究で、血液中のナトリウム測定値を用いた。

 1 . 
aとc
 2 . 
aとb
 3 . 
bとc
 4 . 
aとd
 5 . 
cとd
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

○食事摂取量の測定方法
・24時間思い出し法
長所‐ローコスト、比較的早く結果が出ます。
短所‐1日のみのデータであるため日間変動や個人内変動を評価できません。日常の食事摂取量の把握には向きません。

・食物摂取頻度調査
ある一定の期間に食品、料理を何回摂取したかを調査します。この摂取頻度のみ質問するのは定性的食物摂取頻度調査です。半定量食物摂取頻度調査というものもあり、目安量が設定されています。
長所‐対象者の記録が簡単で、数日間の食事記録法よりも日々の平均的な食事摂取量を知ることができます。
短所‐食品リストにない食品は結果に反映されない。

・秤量食事記録法
長所‐複数日の調査ができ、実施に秤量するので記入漏れが少ないです。
短所‐対象者の負担が大きく、対象者が限定されます。


【詳細説明】
a 24時間思い出し法は過去にさかのぼって調査する症例対照研究には使われません。

b ○

c ○

d 成人の食塩摂取量を把握する横断研究では、尿中のナトリウム測定値が使われます。

2015/07/14 15:45
ID : wgycdsowg
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。