管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15957問 出題

問題

 「国民健康・栄養調査結果(平成18年)」に示された高齢社会の健康・栄養問題に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a メタボリックシンドロームが強く疑われる者の比率は、男女共70歳以上が最も高い。
  b 脂質異常症が疑われる者の比率は、年齢とともに増加している。
  c 70歳以上の低体重(やせ)の者の割合は、男女共に10年前と比較し増加している。
  d 日常生活で体を動かすことを実行し、十分に習慣化していると意識している者の比率は、60歳代で低い。
 1 . 
aとb
 2 . 
aとd
 3 . 
cとd
 4 . 
bとc
 5 . 
aとc

この管理栄養士 過去問の解説(4件)

評価する
0
評価しない
国民健康・栄養調査は、健康増進法に基づいて、国民の健康を増進していくことを目的に、国民のからだの状況や栄養素の摂取状況などをあきらかにする資料をつくるための調査です。平成15年からこの名称で実施されています。(もとは栄養改善法に基づく国民栄養調査が発展したもの)


正解◎a: メタボリックシンドロームが強く疑われる者の比率は、男女ともに年代が増すにつれ増加するようなグラフになっています。

正解◎b: 20代、30代では5%にも満たず40代で少しずつ増え、50代からは少し急に増えます。

c:70歳以上のやせの割合は男女ともに10%以上だったのが平成18年には1桁になっており、減っていることがわかります。

d:15~19歳、次いで60代の人が男女ともに比率が高くなっています。
評価後のアイコン
2017/10/16 23:26
ID : xwsjpjkhur
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
a. 正解です。メタボリックシンドロームが強く疑われる者の比率は、男女共70歳以上が最も高く、男性で28.6%、女性で21.3%です。

b. 正解です。脂質異常症が疑われる者の比率は、年齢と共に増加しています。

c. 70歳異常の低体重(やせ) の者の割合は、男女共に10年前と比較して減少しています。

d. 日常生活で体を動かすことを実行し、十分習慣化していると意識している者の比率は、男女共60歳代では高く30歳、40歳代で低くなっています。

よって正解は1.となります。
評価後のアイコン
2017/10/06 16:00
ID : gkjfrjgd
評価する
0
評価しない
正解は1。

1.正しいです。男女とも70歳以上の代が最もメタボリックシンドロームが強く疑われる者の割合が高くなっています。

2.正しいです。 脂質異常症が疑われる者の比率は、男女ともに年齢とともに増加しています。

3.70歳以上の低体重(やせ)の者の割合は、男女共に10年前と比較し減少しています。

4.「日常生活で体を動かすことを実行し、十分に習慣化していると意識している」者の比率は、男女とも15~19歳代に次いで60歳代で高くなっています。
評価後のアイコン
2017/05/30 03:42
ID : kktwfqssnq
評価する
-1
評価しない
a ○

b ○

c 男女共に70歳以上において低体重(やせ)の者の割合は減少しています。

d 日常生活で体を動かすことを実行し、十分に習慣化していると意識している者の比率は、男女ともに働き盛りの40~49歳で最も低く、60歳代で最も高くなっています。
評価後のアイコン
2015/07/15 10:59
ID : wgycdsowg
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。