管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15961問 出題

問題

「日本人の食事摂取基準(2005年版)」に関する記述である。正しいのはどれか。
 1 . 
目標量は、生活習慣病罹患者の治療効果を高める目的で策定された。
 2 . 
推定平均必要量は、特定の集団を対象として測定された必要量を基に推定された。
 3 . 
推定エネルギー必要量は、座位安静時代謝量に身体活動レベルを乗じて求められた。
 4 . 
目安量は、ある集団に属する人々の97~98%が一日の必要量を満たすよう算定された。
 5 . 
推奨量は、推定平均必要量を算定するのに十分な科学的根拠が得られない場合に算定された。

この管理栄養士 過去問の解説(4件)

評価する
1
評価しない
1 誤
目標量は生活習慣病の一次予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量(または、その範囲)として定められています。

2 ○
推定平均必要量は特定の集団を対象として測定された必要量から、性・年齢階級別に日本人の必要量の平均値を推定したもので、当該性・年齢階級に属する人々の50%が必要量を満たすと推定される1日の摂取量として定められています。

3 誤
推定エネルギー必要量はエネルギーの不足のリスク及び過剰のリスクの両者が最も小さくなる摂取量として定められています。
推定エネルギー必要量は基礎代謝量に身体活動レベルを乗じて求められます。

4 誤
これは目安量ではなく推奨量の説明です。
目安量は推定平均必要量・推奨量を算定するのに十分な科学的根拠が得られない場合に、ある性・年齢階級に属する人々が、良好な栄養状態を維持するのに十分な量として定められています。

5 誤
これは目安量の説明です。
推奨量はある性・年齢階級に属する人々のほとんど(97~98%)が1日の必要量を満たすと推定される1日の摂取量として定められています。原則として「推定平均必要量+標準偏差の2倍(2SD)」とされています。
評価後のアイコン
2015/07/17 17:41
ID : wgycdsowg
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1:目標量は生活習慣病の一次予防を目的として策定されました。治療のためではありません。

正解◎2:推定平均必要量は特定の集団を対象に測定した必要量をもとに、母集団における平均必要量を推定して算出されました。
母集団の50%の人が必要量を満たすと推定される摂取量のことを言います。

3:推定エネルギー必要量は、基礎代謝量に身体活動レベルと乗じて求められます。

4:目安量は推定平均必要量や」推奨量を算定するのに十分な根拠が得られないときに、特定の集団が一定の栄養状態を保つために十分な量として算定されます。

5:推奨量は母集団のほとんどの人(98~97%)が充足していると推定される摂取量として算定されます。
評価後のアイコン
2017/10/16 23:33
ID : xwsjpjkhur
評価する
0
評価しない
1. 目標量は、生活習慣病の一次予防を目的とした摂取量として策定されました。

2. 正解です。推定平均必要量は、特定の集団を対象として測定された必要量から、性・年齢階級別に推定しています。推定平均必要量は、当該性・年齢階級に属する人々の50%が必要量を満たすと推定される摂取量です。

3. 推定エネルギー必要量は、基礎代謝量(kcal/日)に身体活動レベルを乗じて求めます。
身体活動レベルは、活動強度に応じて1.50、1.75、2.00を用います。

4. 目安量は、推定平均必要量や推奨量を算定するための科学的根拠が不十分な場合、ある性・年齢階級に属する人々が良好な栄養状態を維持するのに十分や量です。
ある集団に属する人々の97〜98%が一日の必要量を満たすよう算定されたのは、推奨量です。

5. 推奨量は、ある集団に属する人々の97〜98%が一日の必要量を満たすよう算定された量です。推定平均必要量を算定するのに十分な科学的根拠が得られない場合に算定されるのは目安量です。
評価後のアイコン
2017/10/06 16:02
ID : gkjfrjgd
評価する
0
評価しない
正解は2。

1.目標量は、生活習慣病の一次予防のために当面の目標とすべき摂取量(または、その範囲)として設定されています。

2.正しいです。
推定平均必要量は、特定の集団を対象として測定され、その集団に属する人々の50%が必要量を満たすと推定される1日の摂取量と定めています。

3.推定エネルギー必要量は基礎代謝量(kcal/日)×身体活動レベルとして算定しています。

4.ある集団に属する人々の97~98%が一日の必要量を満たすよう算定されたのは推奨量です。
目安量は「推定平均必要量・推奨量を算定するのに十分な科学的根拠が得られない場合に、集団が良好な栄養状態を維持するのに十分な量である」と定めています。

5.目安量の説明です。
推奨量は、「ある集団に属する人々のほとんど(97~98%)が1日の必要量を満たすと推定される1日の摂取量である。原則として『推定平均必要量+標準偏差の2倍(2SD)』とした」と定めています。
評価後のアイコン
2017/05/30 04:39
ID : kktwfqssnq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。