過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士の過去問「第40814問」を出題

問題

喫煙に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
主流煙は、副流煙より有害物質を多く含む。
 2 . 
禁煙治療は、保険診療で認められていない。
 3 . 
わが国は、WHOのたばこ規制枠組条約(FCTC)を批准していない。
 4 . 
受動喫煙の防止は、健康増進法で定められている。
 5 . 
未成年者喫煙禁止法は、第二次世界大戦後に制定された。
( 第33回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康 )

この過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
1(×)副流煙のほうが、有害物質が多いので周囲の人が病気を患うことがあります。

2(×)禁煙外来があるほど、積極的な内容です。そのため保険適用の1つです。

3(×)批准しており、未成年への販売防止などを努めています。

4(○)受動喫煙の防止として、分煙や敷地内禁煙などの防止対策を行っています。

5(○)1900年なので第二次世界大戦前です。
評価後のアイコン
2019/09/06 20:12
ID : quempnngb
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.✕
副流煙は、主流煙より有害物質を多く含んでいます。

2.✕
禁煙治療は、保険診療で認められています。

3.✕
日本では、WHOのたばこ規制枠組条約(FCTC)を批准しています。

4.〇
健康増進法により、受動喫煙の防止が定められているため、公共施設での分煙化がすすめられています。

5.✕
未成年者喫煙禁止法は、第二次世界大戦前に制定されました。
評価後のアイコン
2019/07/30 21:36
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
1.× 副流煙のほうが有害物質が多いです。

2.× 保険診療の条件を満たせば保険適応になります。スクリーニングテストの結果が5点以上で、ニコチン依存症と診断され、35歳以上でブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であることがなどが条件です。

3.× わが国は、WHOのたばこ規制枠組条約(FCTC)を批准しています。禁煙治療の普及や未成年者への販売禁止などです。

4.○ 2020年4月に屋内禁煙などの全面施行を目指しています。

5.× 未成年者喫煙禁止法は、1900年に制定されており、第二次世界大戦より前に制定されました。
評価後のアイコン
2019/07/26 07:36
ID : qkmzjpzexp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。