過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士の過去問「第40827問」を出題

問題

核酸の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
RNA鎖は、2重らせん構造をとる。
 2 . 
DNA鎖中でアデニンに対応する相補的塩基は、シトシンである。
 3 . 
ヌクレオチドは、六炭糖を含む。
 4 . 
DNAからmRNA(伝令RNA)が合成される過程を、翻訳と呼ぶ。
 5 . 
尿酸は、プリン体の代謝産物である。
( 第33回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち )

この過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
1.× 二重らせんはDNA構造で、RNA鎖は一本鎖の核酸です。

2.× アデニンに対応する相補的塩基はチミンです。
  他にはグアニンとシトシンが相補的塩基です。

3.× 六炭糖ではなく五炭糖です。

4.× mRNAに転写された情報にしたがってアミノ酸が配列され、たんぱく質が合成されることを翻訳と言います。

5.○ 尿酸はプリン体代謝の酸化最終生成物です。
評価後のアイコン
2019/07/08 15:13
ID : qkmzjpzexp
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1(×)RNAは一本鎖で、DNAが二重らせん構造です。

2(×)アデニンの相対はチミンです。グアニンとシトシンがもう一つの相対です。

3(×)ヌクレオチドは五炭糖です。

4(×)翻訳ではなく転写です。翻訳とは、転写された情報によってアミノ酸が配列したんぱく質が合成されることです。

5(○)最終産生物です。
評価後のアイコン
2019/08/30 20:14
ID : quempnngb
評価する
0
評価しない
1.✕
DNA鎖は、2重らせん構造からなっています。

2.✕
DNA鎖中で、アデニンに対応する相補的塩基はチミンです。
シトシンは、グアニンと対応しています。

3.✕
ヌクレオチドは五炭糖を含みます。

4.✕
DNAからmRNA(伝令RNA)が合成される過程を、転写といいます。

5.〇
尿酸は、核酸を構成しているプリン体が分解された後の最終代謝産物です。
そのため、プリン体を摂りすぎるとヒトでは尿酸値が高くなる原因につながります。
評価後のアイコン
2019/08/07 21:50
ID : hvhomzxu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。