過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士の過去問「第40830問」を出題

問題

糖質・脂質代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
クエン酸回路では、糖新生が行われる。
 2 . 
グルカゴンは、肝臓のグリコーゲン分解を促進する。
 3 . 
赤血球は、脂肪酸をエネルギー源として利用する。
 4 . 
HMG-CoA還元酵素は、脂肪酸合成における律速酵素である。
 5 . 
コレステロールエステル転送タンパク質(CETP)は、コレステロールをエステル化する。
( 第33回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち )

この過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
1(×)クエン酸回路はTCAサイクルともいい、ATPを生産するための回路です。糖新生はグルコースの合成を行います。

2(○)グルカゴンは血糖値が下がると分泌が亢進されます。

3(×)赤血球は、グルコースをエネルギー源として働きます。

4(×)HMG-COA還元酵素は、コレステロールの合成における律速酵素です。

5(×)コレステロールをエステル化するのは、レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼです。
評価後のアイコン
2019/08/26 19:47
ID : quempnngb
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.✕
クエン酸回路で行われるのは、NADH2およびFADH2の生成です。

2.〇
グルカゴンは、肝臓のグリコーゲン分解を促進し、血糖値を上げるホルモンです。

3.✕
赤血球は、グルコースをエネルギー源として利用します。

4.✕
HMG-CoA還元酵素は、コレステロール合成における律速酵素です。

5.✕
コレステロールをエステル化するのは、レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼです。
評価後のアイコン
2019/08/08 20:03
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
1.× クエン酸回路はエネルギーであるATPを作り出し、糖新生はグルコースの合成をします。

2.○ グルカゴンはグルカゴン負荷試験で糖尿病の治療方針を決めるために用いられています。

3.×  赤血球は、脂肪酸をエネルギー源として利用できません。グルコースがエネルギー源です。

4.× 
HMG-CoA還元酵素は、コレスラロール合成における律速酵素です。コレステロール合成の阻害薬としても使用されています。

5.× レシチン・コレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)が、コレステロールをエステル化します。
評価後のアイコン
2019/07/26 07:41
ID : qkmzjpzexp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。