過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士の過去問「第40836問」を出題

問題

栄養・代謝に関わるホルモン・サイトカインに関する記述である。
正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
グレリンは、食前に比べて食後に分泌が増加する。
 2 . 
レプチンは、エネルギー代謝を抑制する。
 3 . 
アディポネクチンは、インスリン抵抗性を増大させる。
 4 . 
TNF-α(腫瘍壊死因子α)は、インスリン抵抗性を軽減する。
 5 . 
インクレチンは、インスリン分泌を亢進させる。
( 第33回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち )

この過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
1(×)グレリンは食欲中枢を刺激して分泌されるので、食前のほうが多いです。

2(×)レプチンはエネルギー代謝を亢進します。

3(×)アディポネクチンはインスリン感受性を増大します。

4(×)インスリン抵抗性を増大させる作用があります。

5(○)食事摂取によって分泌を増やします。
評価後のアイコン
2019/08/24 20:49
ID : quempnngb
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.✕
グレリンは、食前より食後の方が分泌されます。

2.✕
レプチンは、エネルギー代謝を促進するホルモンです。

3.✕
アディポネクチンは、インスリン抵抗性を軽減します。

4.✕
TNF-α(腫瘍壊死因子α)は、インスリン抵抗性を増大させます。

5.〇
インクレチンとは、食事を摂ることにより、インスリンの分泌を促すホルモンです。
評価後のアイコン
2019/08/10 10:41
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
1.× グレリンは食欲中枢を刺激し、食前に分泌します。

2.× レプチンは満腹中枢を刺激し、エネルギー代謝を亢進します。

3.× インスリン感受性を増大させます。
アディポネクチンは内臓脂肪がたまると分泌量が減ります。

4.× インスリン作用を抑制し、インスリン抵抗性を増大させます。

5.○ インクレチンは治療薬としても使われています。
評価後のアイコン
2019/07/13 09:41
ID : qkmzjpzexp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。