過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士の過去問「第40855問」を出題

問題

調味料に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
みその褐色は、酵素反応による。
 2 . 
しょうゆのうま味は、全窒素分を指標とする。
 3 . 
みりん風調味料は、混成酒である。
 4 . 
バルサミコ酢の原料は、りんごである。
 5 . 
マヨネーズは、油中水滴型(W/O型)エマルションである。
( 第33回 管理栄養士国家試験 食べ物と健康 )

この過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
1(×)味噌はアルボカルボニル反応(メイラード反応)です。糖+アミノ酸によって反応が起こります。酵素的変化の例として、にんにくのアリインをアリイナーゼという酵素が反応して、アリシンという香り成分を生成します。

2(○)醤油のうまみ指標は全窒素分ではかられます。特選醤油だと全窒素分が1.5以上、標準だと1.2以上です。

3(×)酒類はアルコール1%以上のものは嗜好飲料です。混成酒は、リキュール、梅酒などの醸造酒や蒸留酒に香料や甘味料・薬味を加えたものをいいます。本みりんはアルコール14%なので分類されますがみりん風味調味料はアルコール1%未満なので含まれません。

4(×)バルサミコ酢の原料はブドウです。長期における樽貯蔵が特徴です。

5(×)マヨネーズは水中油滴型(o/w型)エマルションです。湯中水滴型(w/o型)はバター、マーガリンなどです。
評価後のアイコン
2019/08/01 20:38
ID : quempnngb
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.✕
みその褐色は、非酵素反応のアミノカルボニル反応によるものです。

2.〇
原材料となる大豆に含まれるたんぱく質が分解されたアミノ酸がうまみ成分であるため、全窒素分を指標としています。

3.✕
みりんは、混成酒です。

4.✕
バルサミコ酢の原料は、ぶどうです。

5.✕
マヨネーズは、水中油滴型(O/W型)エマルションです。
評価後のアイコン
2019/08/12 18:57
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
1.× みその褐色は、メイラード反応によるものです。赤味噌などの長時間熟成を指します。

2.○ 窒素分の含量や色度で区分されます。

3.×  みりん風調味料は、アルコール度数1%未満です。

4.× バルサミコ酢の原料は、ぶどうです。

5.× マヨネーズは、水中油滴型(O/W型)エマルションです。
バターやマーガリンが油中水滴型(W/O型)エマルションです。
評価後のアイコン
2019/07/20 17:00
ID : qkmzjpzexp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。