過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士の過去問「第40856問」を出題

問題

食品の水分に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
水分活性は、食品の結合水が多くなると低下する。
 2 . 
微生物は、水分活性が低くなるほど増殖しやすい。
 3 . 
脂質は、水分活性が低くなるほど酸化反応を受けにくい。
 4 . 
水素結合は、水から氷になると消失する。
 5 . 
解凍時のドリップ量は、食品の緩慢凍結によって少なくなる。
( 第33回 管理栄養士国家試験 食べ物と健康 )

この過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
1.〇
食品に含まれる結合水が多いほど、水分活性は低下し、食品の保存性は高まります。

2.✕
微生物は、水分活性が低くなるほど、増殖しにくくなります。

3.✕
脂質は、水分活性が低くなるほど酸化反応を受けやすくなります。

4.✕
水素結合は、水から氷になると、多くなります。

5.✕
解凍時のドリップの量は、食品の急速凍結によって少なくなります。
評価後のアイコン
2019/08/12 19:01
ID : hvhomzxu
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1(○)水分活性が高いということは、自由水が多いということです。結合水が多いと自由水は少なくなります。

2(×)水分活性が低いほど、微生物の繁殖を抑えることができます。

3(×)脂質酸化は水分活性0.3~0.4付近で最も抑制されます。それより大きくても小さくても酸化は促進されます。

4(×)結合水は食品の成分と水素結合によって結合し束縛された水のことです。したがって氷が水になるときに消失します。

5(×)解凍時のドリップは緩慢凍結によって増加します。急速凍結することで鮮度が保たれやすくなります。
評価後のアイコン
2019/08/01 20:06
ID : quempnngb
評価する
0
評価しない
1.○ 食品成分と結合した結合水と、結合していない自由水があります。

2.× 水分活性とは自由水の割合で、水分活性が低いと微生物が増殖しにくくなります。

3.×  脂質は、水分活性が低くなるほど酸化反応を受けやすくなります。0.3付近で最低となります。

4.× 水素結合は、水から氷になると増大します。

5.× 解凍時のドリップ量は、食品の緩慢凍結によって増加します。
最大氷結晶生成温度帯(-5℃~-1℃)をいち早く抜けて急速凍結することで、品質の良い状態が保てます。
評価後のアイコン
2019/07/20 17:06
ID : qkmzjpzexp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。