過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理業務主任者「平成28年度(2016年)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 68%

残り : 50
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 50
クリア
[ 設定等 ]
被保佐人が所有するマンション(マンションの管理の適正化の推進に関する法律(以下、「マンション管理適正化法」という。)第2条第1号に規定するものをいう。以下同じ。)の一住戸甲(以下、本問において「甲」という。)の売却に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものの組み合わせはどれか。

ア  被保佐人が保佐人の同意を得ることなく甲を売却した場合、当該売買契約を取り消すことができる者は、被保佐人に限られている。
イ  保佐人の請求により、家庭裁判所が被保佐人のために甲の売却について当該保佐人に代理権を付与する旨の審判をするには、被保佐人の同意がなければならない。
ウ  被保佐人が、保佐人の同意を得ることなく甲を売却した場合、相手方が被保佐人に対し、1箇月以上の期間を定めて、保佐人の追認を得るべき旨の催告をしたときは、相手方がその期間内に追認を得た旨の通知を受けなくても、その行為を保佐人が追認したものとみなされる。
エ  被保佐人が甲を売却する際に、自らが行為能力者であることを信じさせるため、被保佐人であることを黙秘していたことが、他の言動などと相まって、相手方を誤信させ、又は誤信を強めたものと認められる場合には、被保佐人はその行為を取り消すことができない。
   1 .
ア ・ ウ
   2 .
ア ・ エ
   3 .
イ ・ ウ
   4 .
イ ・ エ
( 管理業務主任者試験 平成28年度(2016年) )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
誤っているものの組み合わせは
【1】ア ・ ウ です。

ア:不適切です。
被保佐人に限定している箇所が誤りです。
被保佐人が単独で売却した場合の取消権は保佐人も有します。

イ:適切です。
設問文言のとおりです。
被保佐人が行う甲の売却について家庭裁判所が当該保佐人に代理権を付与する旨の審判には、被保佐人の同意が必要となります。

ウ:不適切です。
前半部分は正しいですが、後半部分が誤りです。
相手方が被保佐人に対し、1箇月以上の期間を定めて保佐人の追認を得るべき旨の催告をした時に被保佐人がその期間内に追認を得た旨の通知を相手方に発信しない場合は、被保佐人が単独でした行為は取り消したものとして扱います。

エ:適切です。
設問文言のとおりです。
被保佐人が甲を売却する際に、あたかも行為能力者であるような言動により結果的に相手方が誤信、または誤信を強めたものと認められる場合は、被保佐人が甲を売却した行為は取り消すことができません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この管理業務主任者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。