過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理業務主任者「平成30年度(2018年)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 68%

残り : 49
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 49
クリア
[ 設定等 ]
委任契約に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。
   1 .
委任とは、当事者の一方が相手方のために法律行為をすることを約し、相手方がこれに対してその報酬を支払うことを約することによって、その効力を生ずる契約である。
   2 .
受任者が、委任事務を処理するのに必要と認められる費用を支出したときは、委任者は、現に利益を受けている限度において受任者に対して費用の償還義務を負う。
   3 .
委任契約が解除された場合に、解除の効力は将来に向かってのみ生じる。
   4 .
受任者が、委任者に引き渡すべき金額を自己のために消費した場合でも、委任者に損害が生じていないときは、受任者は、利息を支払う義務を負わない。
( 管理業務主任者試験 平成30年度(2018年) 問1 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
1:不適切です。
委任契約は原則、無償契約です。
特約により有償契約として締結できます。

2:不適切です。
受任者が費用を立替したことに伴う委任者からの費用償還に、設問のような限度はありません。

3:適切です。
設問文言のとおりです。

※解除の効力
委任契約、賃貸借契約→将来に向かって
売買契約→契約時に遡及

4:不適切です。
委任者に損害が生じる、生じないに関係なく、受任者は利息を支払う義務があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この管理業務主任者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。