過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理業務主任者「令和2年度(2020年)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 68%

残り : 50
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 50
クリア
[ 設定等 ]
土地甲を所有するAが死亡した場合に、甲の相続に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。
なお、Aには配偶者B、子C、直系尊属の父Dのみがいるものとする。
   1 .
AとCは同乗する飛行機の墜落事改で死亡したが、AとCのどちらが先に死亡したか明らかでない場合は、Dの相続分は2分の1である。
   2 .
Aが死亡した後に、Cが交通事故で死亡した場合には、Bのみが甲を相続する。なお、Cには配偶者及び直系卑属はいないものとする。
   3 .
Aが死亡する前に、Cが交通事故で死亡していた場合には、Bの相続分は2分の1である。
   4 .
BとCが法定相続分に従い甲を共同相続したが、その後、Cが甲の共有持分を放棄した場合には、その持分は国庫に帰属する。
( 管理業務主任者試験 令和2年度(2020年) 問1 )

この過去問の解説

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この管理業務主任者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。