過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級管工事施工管理技術士の過去問「全問」を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 219
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 219
クリア
[ 設定等 ]
日射に関する記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
日射のエネルギーは、紫外線部より赤外線部に含まれる量の方が大きい。
   2 .
大気における日射の吸収量は、大気中に含まれる水蒸気の多いときに増大する。
   3 .
大気を通過して直接地表に到達する日射を、天空日射という。
   4 .
大気の透過率は、地表に到達する日射と大気層の入り口における日射の強さの比である。
( 1級 管工事施工管理技術検定試験 平成29年度(2017年) 学科試験 問題A )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
19
評価しない
正解 3

1 太陽の日射が持つエネルギーには赤外線、可視線、紫外線があり、赤外線と可視線が多くエネルギーを持ち、紫外線にはあまりエネルギーは無いです。

2 水蒸気以外にちりなども吸収量に影響を与えます。

3 日射には2種類あり、直接地面、地表にいくものを直達日射といいます。ちりなどに接してから地面にいくものを天空日射といいます。

4 大気透過率は直達日射を大気層に入る直前の日射で割ったものです
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この1級管工事施工管理技術士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。