介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

ケアマネの過去問 第13947問 出題

問題

指定介護予防支援事業について正しいものはどれか。2つ選べ。
 1 . 
指定介護予防支援事業所の管理者は、非常勤でもよい。
 2 . 
指定介護予防支援事業者が指定介護予防支援の一部を委託する場合には、都道府県に届け出る。
 3 . 
指定介護予防支援の担当者は、介護支援専門員でなくてよい。
 4 . 
目標志向型の介護予防サービス計画を策定しなければならない。
 5 . 
介護予防サービス計画は医師の指示で作成されることを利用者に説明する。

このケアマネ 過去問の解説(3件)

評価する
25
評価しない
1:「常勤」でなくてはいけません。業務に支障がない場合は専従でなくても可能です。

2:管理者である「市町村」に届け出ます。

5:そもそも介護予防サービス計画の作成は医師の指示で作成するものではありません。よって利用者に説明する必要もありません。
評価後のアイコン
2015/05/30 06:18
ID : anaohrzq
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
20
評価しない
正解は3,4です。
1⇒指定介護予防支援事業所は、一つの事業所ごとに常勤の管理者を置区必要があります。
3⇒指定介護予防支援の担当者になることができるのは、保健師、介護支援専門員、社会福祉士、経験のある看護師等です。
評価後のアイコン
2014/09/02 16:41
ID : bqzuosqqxo
評価する
14
評価しない
1:常勤専従。支障がなければ事業所の他の職務や地域包括支援センターの職務と兼務可能。

2:地域包括支援センター運営協議会の儀を経る必要がある。

5:介護予防サービス計画は要支援者からの依頼を受けて作成される。
評価後のアイコン
2014/08/08 16:10
ID : ofaxjgyssu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。