過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第13956問」を出題

問題

[ 設定等 ]
褥瘡について、より適切なものはどれか。3つ選べ。
   1 .
エアーマット等除圧効果のある予防用具を用いた場合には、体位変換を行う必要はない。
   2 .
在宅の要介護者で真皮を越える深さの褥瘡がある場合には、介護保険の訪問看護における特別管理加算の対象となる。
   3 .
褥瘡がある場合には、入浴により末梢血流量が増加し、症状が悪化するため、入浴は避ける。
   4 .
感覚障害を有する者は、褥瘡が生じやすい。
   5 .
浮腫がある場合は、皮膚が引き伸ばされて薄くなるため傷つきやすくなり、褥瘡のリスクが高くなる。
( ケアマネジャー試験 平成24年度(第15回) 保健医療サービス分野 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
1:エアーマットによって負担の軽減は可能ですが、あくまでも補助的なものであり、体位変換は必要です。

3:褥瘡において重要なのは衛生状態を保つことです。そのため入浴は出来るだけ行なうべきです。血行促進による治癒の促進を期待することも出来ます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は2,4,5です。
1⇒体位によっては自重でも大変大きな負荷がかかり褥瘡の原因となります。2時間ごとの体位交換が推奨されます。除圧効果のある予防用具も併用するとさらに効果的ですが、現時点では補助的な役割以上を期待するのは困難です。
3⇒入浴は皮膚を清潔にし、血流を改善します。血流がないと酸素や栄養が足りないため、褥瘡に限らず傷は治りません。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
1:予防寝具は介護不足を補い、介護の効果を高めるものであって、体位変換は行わなければならない。

3:入浴は血流を良くするので、褥瘡の予防、改善に効果がある。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。