過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第13965問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の記述のうち適切なものはどれか。3つ選べ。
   1 .
心筋梗塞では、前胸部痛が主症状のことが多いが、左肩の痛みを訴えることもある。
   2 .
老年期のうつ病では、若年期のうつ病と比較し、頭痛や肩こりなどの身体症状を訴えることは少ない。
   3 .
高齢者がかかりやすい睡眠障害のうち、睡眠時無呼吸症候群、レストレスレッグス症候群などは、専門的な診断が必要である。
   4 .
薬剤性パーキンソン症候群は、抗精神病薬、一部の胃腸薬などの服用で起こり得る。
   5 .
パーキンソン病が進行し、自立歩行が困難となった場合には、運動療法は行わない。
( ケアマネジャー試験 平成24年度(第15回) 保健医療サービス分野 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
36
評価しない
正解は1,3,4です。
1⇒心筋梗塞では胸痛の他に左肩、歯や顎の痛みを訴えることがあります。これを放散痛といいます。
2⇒老年期うつ病は若年者と比べ、身体所見が前面にでることが多いです。
5⇒パーキンソン病に対するリハビリテーションは、機能維持の面からも病期を問わず大変重要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
1:老年期のうつ病の場合には心気的な訴えが多いのが特徴です。

5:歩行が難しい状況でも、リハビリテーションは必要です。パーキンソン病ではリハビリテーションを行なわないとすぐに筋肉が固くなり、自分で体を動かすことが難しくなります。
関節拘縮によって関節の可動域がせまくなり、立位や座位を取れなくなる場合もあります。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
2:老年期のうつでも身体症状を伴うことが多い。

5:パーキンソン病は全経過を通してリハビリテーションは重要。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。