介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

ケアマネの過去問 第13979問 出題

問題

介護予防訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
介護予防訪問介護事業者は、利用者の意欲が高まるように利用者とのコミュニケーションを十分図るなどの働きかけに努めなければならない。
 2 . 
介護予防訪問介護計画の様式は、法令で定められたものを使用しなくてはならない。
 3 . 
介護予防訪問介護の提供に当たっては、他の福祉サービスの利用可能性についても考慮しなければならない。
 4 . 
自らの事業所でサービス提供が困難と判断した場合には、申込者の担当介護予防支援事業者に連絡し、他の事業者等を紹介するなど必要な措置を速やかに講じなければならない。
 5 . 
サービス提供責任者は、少なくとも1月に1回は、介護予防訪問介護計画の実施状況の把握を行わなくてはならない。

このケアマネ 過去問の解説(3件)

評価する
27
評価しない
1: 正しい。
設問の通り。
2:正しくない。
介護予防訪問介護計画の様式は、標準様式はあるが法令で定められているわけではない。
3:正しい。
設問の通り。
4:正しい。
設問の通り。
5:正しくない。
サービス提供責任者は、サービスの提供を行う期間の終了までに少なくとも一回は実施状況の把握をする。
評価後のアイコン
2014/08/06 13:25
ID : vyzxvrru
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
1:様式は決まったものを使用する義務はありません。必要な内容が網羅されていれば問題ありません。標準様式が出回っているため、多くの場合が標準様式を使用しています。

5:1ヶ月に1回ではなく、書面に記載されたサービス期間が終了するまでに1回おこなえばいいことになっています。
評価後のアイコン
2015/06/07 11:36
ID : anaohrzq
評価する
9
評価しない
正解は1、3、4
2.介護計画の書式は準ずるものであれば、どんな形式でも良い。
5.実施状況の把握は随時行う必要があるが、記録に残すのは最低でも3ヶ月に1回。
評価後のアイコン
2014/10/12 00:52
ID : cwdnjefcd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。