介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

ケアマネの過去問 第13983問 出題

問題

成年後見制度について正しいものはどれか。2つ選べ。
 1 . 
成年後見人は、本人の居住用不動産の処分を含め、本人の財産に関する法律行為を家庭裁判所の許可なく本人に代わって行うことができる。
 2 . 
市町村長は、65歳以上の者の福祉を図るため特に必要があると認めるときは、後見開始等の審判を請求することができる。
 3 . 
成年被後見人による法律行為を、当該成年被後見人が自らこれを取り消すことはできない。
 4 . 
任意後見契約の委任者(本人)と任意後見受任者は、公正証書で任意後見契約を交わさなければならない。
 5 . 
任意後見制度では、家庭裁判所が、任意後見人の四親等内の親族の中から任意後見監督人を選任する。

このケアマネ 過去問の解説(3件)

評価する
21
評価しない
1:本人が居住するための不動産を処分する場合には、家庭裁判所からの許可が必要になります。

3:成年被後見人による法律行為を、当該成年被後見人が自ら取り消すことは可能です。

5:任意後見制度は本人が将来に認知症などによって判断能力がなくなったときに、代わりに事務手続きをおこなってくれる任意後見人を決めておく制度です。
家庭裁判所は任意後見人を監督する任意後見監督人を選出します。
任意後見監督人は四親等内の親族から選出しないといけないという決まりはありません。
評価後のアイコン
2015/06/07 17:03
ID : anaohrzq
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
1:正しくない。
成年後見人が本人の住居用の不動産を処分する場合には、家庭裁判所の許可が必要である。
2:正しい。
市町村長は、その他にも、知的障がい者、精神障がい者についても福祉を図るため特に必要があると認めるときは、後見開始等に審判を請求することができる。
3:正しくない。
成年被後見人による法律行為は、当該成年被後見人が自ら取り消すことができる。
4:正しい。
設問の通り。
5:正しくない。
四親等内の親族等の申し立てに基づいて家庭裁判所が選任するのは、「法定後見制度」である。
評価後のアイコン
2014/08/06 15:22
ID : vyzxvrru
評価する
8
評価しない
正解は2、4
1.家庭裁判所の許可が必要。
3.取り消すことが可能である。
5.これは法廷後見制度のことである。
評価後のアイコン
2014/10/12 01:12
ID : cwdnjefcd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。