過去問.com

ケアマネジャー試験 平成23年度(第14回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護保険法において市町村が条例により規定することとされているものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
介護認定審査会の委員の定数
 2 . 
居宅介護サービス費等種類支給限度基準額
 3 . 
保険料の徴収猶予
 4 . 
第三者行為求償事務
 5 . 
第2号被保険者に対する保険料率
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
30


1:正しい
設問の通り。
2:正しい
設問の通り。
3:正しい
設問の通り。
4:正しくない。
第三者行為求償事務を行うが、条例で規定されているものではない。
5:正しくない。
市町村が条例で規定するのは第一号被保険者に対する保険料率の算定である。
第二号被保険者の保険料率決定は国が行う。

※市町村、都道府県、国、それぞれの役割はここ数年必ず出題されている事項となります。
しっかり区別できるようにしておきましょう。

2014/08/07 08:49
ID : vyzxvrru
13

4:第三者行為求償事務というのは、交通事故などで要介護状態となった場合に発生した保険給付を、保険者が加害者に請求することを言います。
市町村の委託を受けて国保連合会がおこないますが、条例で決まっているわけではありません。

5:第二号被保険者の保険料率は国が決定します。

2015/06/08 05:31
ID : anaohrzq
2

正解は1、2、3
4.規定されてはいない。
5.規定されていない。この場合は国が決定する。

2014/10/12 01:22
ID : cwdnjefcd
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。