過去問.com

ケアマネジャー試験 平成23年度(第14回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

居宅介護支援事業者の指定取消し又は効力停止の事由として正しいものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
更新認定調査受託時に、当該調査の結果について虚偽の報告をした。
 2 . 
都道府県知事による立入検査により是正命令を受けた。
 3 . 
介護保険法その他の保健医療若しくは福祉に関する法律に違反した。
 4 . 
省令に定める人員に関する基準を満たさなくなった。
 5 . 
省令に定める設備に関する基準を満たさなくなった。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
12

2:是正命令に従い、改善すれば問題ありません。是正命令に従わない場合には処罰の対象となります。

5:指定居宅介護支援事業所にはそもそも設備基準は定められていません。そのため、処罰の対象となることはありません。

2015/06/08 07:32
ID : anaohrzq
9

1:正しい
設問の通り。
2:正しくない
是正命令を受けた段階では指定取り消しにはならない。
3:正しい
設問の通り。
4:正しい
設問の通り。
5:正しくない
省令によって、設備に関する基準が満たされなくなった場合、すぐに指定取り消しになるわけではない。

※ただし指定の取り消し・効力停止の項目に
「事業者が、設備・運営基準に従った適切な事業運営をすることができなくなったとき」ともあるため、不適切問題の可能性もある。

2014/08/07 12:13
ID : vyzxvrru
5

正解は1、3、4
2.是正命令をしても改善が見られない場合、指定の取り消しとなる。
5.設備の不備は改善する。すぐに指定の取り消しにはならない。

2014/10/12 06:28
ID : cwdnjefcd
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。