過去問.com

ケアマネジャー試験 平成23年度(第14回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護保険の財政について正しいものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
第1号被保険者と第2号被保険者の保険料負担の按分割合は、3年ごとに見直される。
 2 . 
調整交付金は、すべての市町村に一律に交付されるのが原則である。
 3 . 
介護給付費・地域支援事業支援納付金は、第1号被保険者の保険料で賄われる。
 4 . 
調整交付金による財政格差の調整には、災害時の保険料減免も含まれる。
 5 . 
介護保険事業に係る事務費は、市町村の一般財源で賄われる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
20

1:正しい
設問の通り。
第2号被保険者の保険料負担分は、支払基金から各市町村に、介護給付費交付金として支払われる。
2:正しくない
調整交付金は市町村の財政の強弱に応じて傾斜的に交付される。
3:正しくない
介護給付費・地域支援事業支援納付金は第2号被保険者からの保険料で支払われている。
4:正しい
設問の通り。
他にも要介護状態となる可能性が高い75歳以上の後期高齢者の加入割合の違い、第1号被保険者の所得の格差などによる調整が行われる。
5:正しい
設問の通り。
介護保険事業にかかる事務費は全額、市町村の一般財源でまかなわれている。

2014/08/07 13:10
ID : vyzxvrru
10

2:調整交付金は、市町村の財政状況に応じて分配されるもののため、一律ではありません。

3:介護給付費・地域支援事業支援納付金は、「第2号被保険者の保険料」によってまかなわれます。

2015/06/08 07:44
ID : anaohrzq
9

正解は1、4、5
2.一律が間違い。市町村ごとによって違う。
3.これらは第2号被保険者の保険料で実施する。

2014/10/12 06:30
ID : cwdnjefcd
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。