過去問.com

ケアマネジャー試験 平成23年度(第14回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

指定介護予防支援事業者について正しいものはどれか、2つ選ベ。

 1 . 
市町村長が指定する。
 2 . 
定期的に、指定の更新を受けなければならない。
 3 . 
指定居宅介護支援事業者は、指定を受けることができる。
 4 . 
指定介護予防支援の従事者は、介護支援専門員でなければならない。
 5 . 
複数市町村を事業区域とするときの指導・監督は、都道府県知事が行う。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
40

1:正しい
介護予防支援は市町村の管轄に含まれる。
2:正しい
指定の更新は6年毎に行う。
3:正しくない
指定介護予防支援事業者は地域包括支援センターの設置者に限定されている。
4:正しくない
「介護予防支援に従事する従業者」と明記されており介護支援専門員である必要はない。
5:正しくない
指定介護予防支援事業者の指導・監督は市町村である。

※ポイント
ここでも、都道府県と市町村の役割分担の理解が必要となってくる。
「居宅(訪問)」「特定」「通所」「短期」「福祉用具」と施設系サービスは 都道府県の管轄。

2014/08/07 13:25
ID : vyzxvrru
13

3:指定介護予防支援事業者になれるのは、地域包括支援センターの設置者に限定されています。

4:介護支援専門員に限定されてはいません。保健師や社会福祉士などの介護予防支援に関する知識がある人であればなることが出来ます。

5:指定介護予防支援事業者の指導・監督は市町村長に限られています。

2015/06/08 07:52
ID : anaohrzq
10

正解は1、2
3.地域包括支援センターの設置者だけが受けられる。
4.介護支援専門員でなくても良い。
5.複数であっても市町村が行う。

2014/10/12 06:32
ID : cwdnjefcd
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。