過去問.com

ケアマネジャー試験 平成23年度(第14回) 保健医療サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

高齢者の精神障害について適切なものはどれか。2つ選べ。

 1 . 
アルツハイマー病では、人格が比較的保たれることが特徴である。
 2 . 
せん妄は、意識混濁に加えて、錯覚や幻覚などの状態をいうが、妄想を伴うことはない。
 3 . 
せん妄は、脳の器質疾患の際に発症することが多い。
 4 . 
老年期気分障害では、うつ気分に加えて、注意力の低下や緩慢な動作などの症状を示しやすい。
 5 . 
せん妄がみられる高齢者に対しては、薬物治療はほとんど効果がない。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
14

1:正しくない
アルツハイマーは人格が崩れやすく
血管性認知症では人格が比較的保たれるといわれている。
2:正しくない
せん妄は、意識障害、錯覚、幻覚、妄想を伴うことがある。
3:正しい
設問の通り
4:正しい
設問の通り
5:正しくない
せん妄がみられる場合、早期に治療を開始することが重要である。

2014/08/10 12:20
ID : vyzxvrru
5

1:人格が保たれやすいのは脳血管性認知症の特徴です。

2:せん妄は意識が混濁した状態であり、錯覚や幻覚に伴う妄想や興奮が見られます。

5:せん妄の原因を探し、脳循環改善薬や向精神薬を処方することで効果を期待できます。

2015/06/09 08:17
ID : anaohrzq
3

正解は3、4
1.早期に人格は崩れやすいと言われている。
2.妄想も伴う。
5.薬物治療には一定の効果が見られる。

2014/10/12 22:25
ID : cwdnjefcd
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。