過去問.com

ケアマネジャー試験 平成23年度(第14回) 福祉サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護保険における訪問介護について適切なものはどれか、3つ選べ。

 1 . 
軽微であってもやけどの処置は医療行為となるため、訪問介護員が行ってはならない。
 2 . 
訪問介護員は利用者の生活実態や要望等多くの情報を持っているので、その情報を介護支援サービスに活用することが期待される。
 3 . 
衣類の整理や被服の補修は、生活援助に含まれる。
 4 . 
一人暮らしの利用者に対して正月のために特別な手間をかけて行う調理は生活援助に含まれる。
 5 . 
利用者が訪問介護員に業務範囲を超えるかもしれない要求をした場合には、介護支援専門員と相談して対応する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
16

1:医療行為ではないものは以下の行為
・体温測定、血圧測定
・入院治療の必要でないもの対するパルスオキシメーターの装着
・軽微な擦り傷、切り傷、やけどなどの処置
・一定の条件下での医薬品の使用介助
(褥瘡処置を除く、軟膏塗布、湿布の貼り付け、点眼薬の点眼、一包化された内服薬の内服、坐薬挿入、鼻腔粘膜への薬剤噴霧の介助)
・爪切り、日常的な口腔内ケア
・医師の指示のもと痰吸引

4:一般的な調理、配下膳と定義されており、手間をかけて行うものは生活援助に含まれない。

2014/08/29 11:23
ID : ofaxjgyssu
5

1.程度が軽い切り傷や擦り傷、やけどの処置は医療行為にはあたりません。

2.設問の通りです。

3.設問の通りです。

4.家事援助は日常生活に必要なものに限られます。正月の料理の準備は範疇を越えていると判断されます。

5.設問の通りです。

2016/05/27 19:10
ID : anaohrzq
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。