介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

ケアマネの過去問 第14036問 出題

問題

介護保険における福祉用具について正しいものはどれか。2つ選べ。
 1 . 
福祉用具の使用目的は、利用者の自立支援と介護者の負担軽減である。
 2 . 
排泄用具は、福祉用具貸与の対象である。
 3 . 
工事を伴うスロープは、福祉用具貸与の対象である。
 4 . 
床ずれ防止用具は、福祉用具貸与の対象である。
 5 . 
利用者が特定施設入居者生活介護を受けている問でも、福祉用具貸与費は算定できる。

このケアマネ 過去問の解説(3件)

評価する
23
評価しない
福祉用具は日常生活における自立支援や、介護者の負担軽減を図り、生活環境を整える目的があります。貸与と販売に分けられます。

1 正解です。

2 排泄用具は福祉用具販売の対象になります。

3 工事を伴うスロープは貸与の対象になりません。

工事を取付に工事を伴い、持ち運びが容易である、または困難であるもの、利用者向けに改造したもの(オーダーメイド等)は貸与の対象になりませんが、設置前に介護保険への補助金を申請することができます。

4 正解です。

5 福祉用具貸与は居宅介護支援のサービスです。特定施設入居者生活介護は施設へ生活の場を移しているため、算定できません。
評価後のアイコン
2015/02/17 13:42
ID : ysaqtrmkds
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
1.設問の通りです。

2.衛生の面から再利用は難しい為、排泄用具は特定福祉用具として購入の対象になります。

3.工事が必要な場合には住宅改修の扱いになります。取り外しが可能で、工事が必要ないものは福祉用具貸与となります。

4.設問の通りです。

5.施設に入所している場合には算定はできません。
評価後のアイコン
2016/05/11 02:18
ID : anaohrzq
評価する
9
評価しない
2:排泄用具は福祉用具販売の対象となる

3:工事を伴わないスロープが対象

5:特定施設入居者生活介護を利用している間は、居宅介護支援には保険給付がされない
評価後のアイコン
2014/09/01 15:36
ID : ofaxjgyssu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。