過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第14039問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護保険における介護予防訪問介護について適切なものはどれか。3つ選べ。
   1 .
介護予防訪問介護事業者は、地域の支え合いを活用することまでは考慮しない。
   2 .
介護予防訪問介護では、定額制が導入されているが、自立支援を目的とすることを常に意識したサービスを提供しなければならない。
   3 .
同居家族がいる場合は、理由にかかわらず介護予防訪問介護を利用することはできない。
   4 .
サービス提供責任者は、サービス提供期間が終了するまでの間に少なくとも1回は、介護予防訪問介護計画の実施状況の把握を行う。
   5 .
生活行為について、利用者自身が行う部分と訪問介護員が支援する部分を明らかにし、利用者本人の同意を得る必要がある。
※2014年の介護保険制度の改正により、介護予防訪問介護は地域支援事業の総合事業の介護予防生活支援サービス事業の訪問型サービスになりました。この設問は2011年に出題された設問になります。
( ケアマネジャー試験 平成23年度(第14回) 福祉サービス分野 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
介護予防訪問介護は、利用者が要介護状態になることを防ぎ、利用者の心身機能の維持回復を図り、利用者の生活機能維持又は向上を目指して実施します。

1 利用者がなるべく自宅で自立した生活を送れるように支援するため、地域との連携も考慮に入れます。

3 同居家族がいる場合でも、障害や疾病の有無だけでなく、やむを得ない事情がある等の個々の利用者の状況に応じて具体的に判断します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
1.家族や地域の支えあいを積極的に利用するように検討することが必要です。

2.設問の通りです。

3.同居家族がいる場合でも、家族に家事能力がない場合には状況に応じて利用することが可能です。

4.設問の通りです。この作業をモニタリングといいます。

5.設問の通りです。利用者ができるところは自分で行ってもらうことで、身体機能の維持や自立支援につなげることができます。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
1:利用者の自立支援に配慮するとともに、家族や地域住民の支えあい、他の福祉サービスの利用の可能性についても考慮する。

3:同居家族の傷害や疾病、または同様のやむを得ない事情がある場合は利用できる
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
このケアマネ 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。