過去問.com

ケアマネジャー試験 平成22年度(第13回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

指定サービス提供事業者に対する市町村の業務として介護保険法上正しいものを3つ選べ。

 1 . 
居宅介護支援事業者に対する勧告
 2 . 
地域密着型サービス事業者の指定取消し
 3 . 
居宅介護サービス事業者の支給に関して必要があると認めるときの事業所への立入検査
 4 . 
複数の市町村を事業区域とする地域密着型サービス事業者に対する指導・監督の都道府県知事への委任
 5 . 
保険給付に係る居宅介護支援を行った居宅介護支援事業者が人員・運営基準に違反したと認めるときの都道府県知事への通知
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
23

1:居宅介護支援事業者に対する勧告は都道府県知事が行う

4:地域密着型サービス事業者の指定、および指導・監督は市町村が行うものであり、都道府県知事への委任という法令などはない

2014/09/08 12:25
ID : ofaxjgyssu
17

1 居宅介護支援事業者に対する勧告は、都道府県が行います。

4 地域密着型サービス事業者の管轄は市町村です。
複数の市町村を事業区域としている場合でも都道府県への委任はしません。

2015/02/25 03:49
ID : ysaqtrmkds
13

1.市町村ではなく、都道府県が行います。

2.設問の通りです。

3.設問の通りです。市町村には指定権限はありませんが、保険者として立ち入り検査を行うことが可能です。

4.都道府県への委任はできません。法律では都道府県と密接な連携をとると記載されています。

5.設問の通りです。

2016/05/13 15:38
ID : anaohrzq
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。