過去問.com

ケアマネジャー試験 平成22年度(第13回) 保健医療サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

高齢者のリハビリテーションについて適切なものはどれか。2つ選べ。

 1 . 
高齢者に多い骨折は、大腿骨頸部骨折、脊椎圧迫骨折、橈骨遠位端骨折などであり、転倒事故に関連するものが多い。
 2 . 
がん疾患などで終末期にある者は、治療の効果が期待できないため、リハビリテーションの適用とはならない。
 3 . 
糖尿病の罹患年数が長いと、下肢末梢の知覚障害等を呈するため、転倒予防に配慮する必要がある。
 4 . 
拘縮とは、関節包や靭帯など関節を構成する組織や周囲の組織が伸縮性を失い、正常の関節の動きが阻害された状態をいい、心身の障害が軽いほど起こりやすい。
 5 . 
高齢者に多い変形性膝関節症は、痛みや歩行障害をきたし、リハビリテーションが必要になるが、人工関節置換術の適応とならない。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
14

2 がんなどの終末期でも、適切なリハビリテーションが行われます。

4 拘縮は、心身障害が重いほど起こりやすいとされています。

5 変形せい膝関節症は痛みや歩行障害をきたすためリハビリテーションが必要ですが、症状によっては人工関節置換術の適応となります。

※4 拘縮とは 関節を形成する組織や周囲の組織が伸縮性を失い、正常な関節の動きが阻害された状態のことを指します。

2015/03/03 00:03
ID : ysaqtrmkds
6

2:がん終末期でも適切なリハビリテーションが行われる。

4:拘縮は心身障害が重いほど起こりやすいとされている。

5:変形性膝関節症は症状が重くなれば人工関節置換術の適応となる。

2014/09/10 12:36
ID : ofaxjgyssu
4

1.設問の通りです。転倒時に衝撃を受けやすい箇所を骨折します。

2.身体機能を維持することで残りの人生の生活の質は大きく変わってきます。負荷の強い運動などは避けるべきですが、リハビリテーションは行なうべきです。

3.糖尿病の合併症に末梢神経障害があります。通常は意識していませんが、私たちは足の裏から多くの情報を得ており、そのおかげでバランスを保つことができています。末梢神経障害になると足の裏からの情報がなくなるので、転倒を起こしやすくなります。

4.心身の障害が重いほど拘縮は起こりやすいです。

5.重度の症例では、人工関節置換術の適応になります。

2016/05/15 22:20
ID : anaohrzq
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。