過去問.com

ケアマネジャー試験 平成22年度(第13回) 保健医療サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

認知症に関する次の記述について適切なものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
認知症の中核症状には、記憶障害、判断力の障害、問題解決能力の障害、実行機能障害、失行・失認・失語などがある。
 2 . 
認知症の周辺症状は、精神症状や行動異常のことで、BPSD(認知症の行動・心理症状)ともいう。
 3 . 
アルツハイマー病は、臨床症状とCTスキャン、MRI(核磁気共鳴画像)などの方法で、脳梗塞、脳出血の存在を認めることにより診断される。
 4 . 
入院、転居など生活環境を移すことの負荷(リロケーション・ダメージ)は、認知症に悪影響を及ぼすことがある。
 5 . 
血管性認知症の特徴として、易怒性や収集癖、窃盗などの人格障害や反社会的行動が知られている。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
17

1:〇
設問の通り

2:〇
設問の通り

3:×
脳梗塞・脳出血ではなく、脳の萎縮がみられる。
脳梗塞・脳出血がみられる認知症は「脳血管性認知症」である。その他「レビー小体型認知症」がある。レビー小体型認知症は手足の震え、筋肉の硬直などの症状がみられる。

4:〇
設問の通り

5:×
設問は、ピック病の主症状についての記述である。

2014/08/24 11:36
ID : vyzxvrru
5

3 アルツハイマー病は、臨床症状とCTスキャン、MRI(核磁気共鳴画像)などの方法で、脳萎縮の存在を認めることにより診断されます。
脳梗塞、脳出血ではありません。

5 易怒性や収集癖、窃盗などの人格障害や反社会的行動は、認知症のひとつであるピック病の特徴です。

2015/03/03 03:20
ID : ysaqtrmkds
4

3:アルツハイマー型認知症は脳が萎縮することによって起こります。脳が萎縮することによって画像では脳全体の萎縮と脳質の拡大を確認することが出来ます。

5:血管性認知症では記憶障害が強いですが判断力は保たれる場合が多いです。そのため、人格障害や反社会的行動は見られにくいと言えます。

2015/05/10 09:00
ID : anaohrzq
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。