過去問.com

ケアマネジャー試験 平成21年度(第12回) 保健医療サービス分野    ケアマネ 過去問 | 無料の過去問題

問題

検査結果と病態との組み合わせについて正しいものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
CRP(C反応性蛋白)の上昇------炎症
 2 . 
血清クレアチニン値の低下------腎機能低下
 3 . 
1秒率(FEV1.0%)の上昇--------呼吸機能低下
 4 . 
血小板の減少-----------------出血傾向
 5 . 
血清アルブミン値の低下--------低栄養
このケアマネ 過去問の解説(3件)
21

2:血清クレアチニンは筋肉の老廃物であり、腎臓で排泄されます。腎機能が低下すると排泄が正常に行われないため、血清クレアチニン値は上昇します。

3:1秒率は肺機能を調べる指標のひとつであり、最初の1秒間で吐き出した空気量の割合を示しています。70パーセント以上が正常ですが、閉塞性換気障害(気管支が狭くなることで起こる呼吸機能障害)がある場合に値が低下します。

2015/05/16 19:33
ID : anaohrzq
付箋メモを残すことが出来ます。
8

2 血清クレアチニン値の上昇ー腎機能の低下が考えられます。

3 1秒率(FEV1.0%)の低下ー呼吸機能の低下を表します。

2015/03/20 19:05
ID : ysaqtrmkds
0

正解は1・4・5です。

1 正解→CRPは急性炎症や急性組織破壊により肝細胞から産生が誘導される急性相反応物質の代表的なたんぱく質です。急性反応に鋭敏に反応して上昇するため、炎症活動性の指標として利用されます。


2 不正解→血清クレアチニンは血液の中のクレアチニン(筋肉に含まれているたんぱく質の老廃物の一つ)のことで、通常であれば腎臓でろ過されて尿で排出されるのですが、腎機能の低下により尿に排泄されずに血液中に蓄積されたものです。腎機能の低下とともに血清クレアチニンの値は高くなります。


3 不正解→1秒率は肺機能を調べる指標の一つです。深呼吸して一気に吐き出した空気量に対し、最初の一秒で吐きだした量(1秒量)の割合を示したものです。1秒率が低下している場合は呼吸機能障害が疑われます。


4 正解→血小板は血液中の有形成分の一つで骨髄中の巨核球の断片化によって生成されると考えられています。止血や血液凝固に必須不可欠な役割を果たします。血小板が減少すると出血が起こりやすくなります。


5 正解→低栄養とは健康な身体を維持するために必要なエネルギーやたんぱく質が不足している状態のことです。加齢に伴う身体機能の低下する高齢者に多く見られます。血清アルブミン値は栄養状態を評価する目安になります。3.5g/dl未満だと注意が必要です。栄養状態が悪いと低値になります。

2017/03/20 22:37
ID : humczpbqws
border line
過去問.com ケアマネジャー試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
このケアマネ 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。